FC2ブログ

Article

                   
        

隆CD2結果

category - 未分類
2018/ 10/ 08
                 





2018.10.7 JKC兵庫、クラブ訓練競技会
隆-CD2-93.4点
今までYouTubeとかにアップしてきたのは、ポイントがとれた時の動画が多かったので、今回は自分への戒めのため、取れなかった時の動画を貼ることにしよう。
(Instagramに3回に分けてアップしてます)
ミスー行進中の伏せ&2声符
停止線で振り返ったら立ってて思わず「伏せ!」と言ってしまった。
遠隔作業の  立って、からの伏せ みたい^_^;
競技後の短評ひと言目に「惜しかったねー」と言われ、
はい(>︿<。)と。
それと、あそこで「伏せ」のコマンドかけなければ、出来なかったけど止まってたので5点減点だけですんだのに、またコマンド出した事で更に減点が大きくなったことを知らされた。
マヂでー!?ガッビーーーン💀
自分のバカバカバカー!何年やってんの!
知らなかったなんて恥ずかしい&情けなくて💦
隆は全体的に集中してたと思う。
あの時、恐らく通行してた犬又は風に乗った匂いに気を持って行かれたのだろう、コマンドがハッキリ耳に入らなかったみたい。
なので伏せと立ってを間違えたというより、聞き取れなかったから、とりあえず何か聞こえたので止まった、という感じに見えた。
CD2と服従スペシャルの競技は10課目あって、1課目×10点の減点方式。
100点中95点以上でポイントGETなので、平均にしたら1課目9.5点以上ないと厳しいのです。
なのでミスした時点でポイント落としたのは分かった。
動作は全てコマンド1声符でやらないといけないので、息が合わなかったら直ぐ2声符、3声符になりかねない。
すると減点はどんどん大きくなる。
勿論、体や手を使った誘導も減点。
動画では映ってないので分かりづらいと思うけど、リンクの外は知らない人やワンコが沢山いる。
そういった普段では経験できない環境の中で、ミスなく競技を行うというのは簡単ではない。
やること自体は難しいことではないんだけどね。
心ある生き物なので心境の変化で普段は簡単にできることも出来なくなってしまう事もある。
運もあり、運が悪い時は発情犬に出くわしたり、シッコや風から臭いをキャッチしたり、本番中に近くでワンコが喧嘩おっ始めたり、脱走犬が侵入してきたり、アナウンスが見事にコマンドと重なって聞き取りづらかったり、それはそれは色々あるんですよ。
悔しい思いも沢山してきた。
そんな経験から昨日は発情犬を前もって知ることができ、飼い主さんとも仲良くお話させてもらったお陰で、発情中の女の子とばったり会うこともなく、シッコを嗅がすこともなく、窓も締切って早めに対応して挑めたことは1番ラッキーだった。
私が1番神経をつかうのが発情犬なのでね。
交配犬の宿命なんだけど、それで競技がボロボロになってしまうのも、食欲が落ちてしまうのも辛くて。
幸で散々苦労してきた競技歴、酷い時は私達の競技前に順番なので並びに行くと、なんと!リンクの近くで発情犬と座って見学してる人がいたこともあったの。
発情犬の順番は最後と決まってて、まさかリンク前に座ってるなんて想像もしたこと無かったから開いた口が塞がらない状態でリンクINしたこともありました。
私的には信じられないことだけど、女の子しか飼ったことのない人や、交配犬のオスがどんなに変化するのか、どのくらい影響を受けるのかは、知らない人は多くて、それは知らないんだから仕方の無いことで。
主催者側がマナーとして事前にアナウスして厳守するなり、玉アリオスの順番を前半にもってくるなどして、そこら辺は動物なので配慮をして欲しいと願うばかりです。
順番はね、CD1sからCD1、そしてCD2、服従スペシャルという順になってるので、だいたい隆の出番は後半や午後からが多いので、母ちゃんの神経は目を光らせる時間が長くなるほど疲れるのです。
そしてワンコも待機があまりに長いとやる気も失せるし、バーっと弾けて発散したくもなります。
交配犬のオスで競技会に出てる子は非常にまれで、アマチュアなら尚更、ほとんどの子は去勢されてるので、私の悩みなんて関係の無い方々が主の大会、なのでこういった類の話はなかなか分かって貰えない。
警察犬の競技会だと玉アリも結構いるので話しが盛り上がったこともある(笑)
発情すると1番可愛そうなのは犬、本能を抑えて理性と戦うのは凄いストレスになるから。
発情犬が側にいる環境では胃潰瘍になるオスも珍しくないの、繁殖能力のあるオスなら、交配経験がなくてもね。
幸との思い出話は「お互い沢山苦労したね~」です(笑)
共に戦ってきた感じがして絆も相当深まりました。
隆もパパになって、更に本能との戦いは強くなって来ています。
葛藤が見える場面も、これからどんどん増えることでしょう。
なので私にできるサポートは全力でやる、できるだけ雑念を抱かせないよう気遣って本番にもっていく、それだけです。
結果が全てではないと思えるのは、その過程で色んな努力や葛藤、経験があるからでしょうね。
なのであっさりしたもんです、失敗しても直ぐに次に進んでいますから(笑)
嫌な事は さっさと無かったことにした方が楽しく生きれるもんね(^^)
関連記事