FC2ブログ

Article

                   
        

エゾ鹿の角いる?

category - 日記
2012/ 01/ 20
                 
2009年の夏、北海道に行った時にエゾ鹿の角を子供達のおやつに買った。


それが(写真左の2本)、2年半齧り続けてこんなに短くなった。

エゾ鹿の角は1歳頃から生え始めて、毎年4月ころに抜け落ち、また5月頃から新しい角が生えるそうです。
1歳の時の角は1本で、2歳から毎年1本づつ枝分かれするそうです。
3歳で2つに分かれ、4歳で3つ、5歳で4つと。
だから5歳までは角の枝分かれを見ることで年齢が分かるそうです。

成長が止まるまでの角は、漢方の素材として中国では高い効能で珍重されているそうです「鹿茸」(ロクジョウ)
(日本では薬事法の規制で販売出来ないらしいケド)




自然のおやつは最高ですね、何より安心です。
噛むことでストレス発散にもなるし、歯の表面を擦るから歯垢・歯石も取れるし。
カルシウムやパンテトン酸(パントリン)などが含まれているから栄養も豊富だし。

市販品で歯石予防に!って、ガムや洗浄用ジェルなどが売られてるけど、
あれって添加物入りがほとんどだから、買う気になんてならない。
保存料も結局は発ガン性物質だし、腸内細菌の環境も悪くする恐れもあるしで。
お金を払って体に悪いものを買うのって、変。

愛犬にあげるおやつは注意してあげて下さいね。
病気で苦しむ姿は見たくないし、長生きしてもらいたいですものね。
おやつは何でも喜ぶかも知れないけど、ちょくちょくあげるだけでも確実に体内に蓄積されていきますから。
どういった形で症状に出るかは個体差がありますが、体に悪いのは確かです。
安いフードや大袋入りなどのジャーキーやビスケットなんて、あげない方がいいです。
それならまだ無添加の食パンのみみでもあげた方が安心です。

ご存知の方もおられるかも知れませんが、原材料は使用量の多い順に表示してありますよね。
人間が口にする食品は全て表示してありますが、犬用は80%まで表示しなければならないという規定があります。
何が言いたいかお分かりですよね。
ようは残り20%は何を入れていようが表示する義務はないって事が怖いんです。
法的規制ではなく自主規制なので、ガイドラインから外れたとしても罰則なんてないんです。

だから我が家は おやつは主に手作りなんです。
最近では安心して与えられるおやつも増えましたが、そういった商品は高いからね。
1頭飼いなら苦になりませんが、3頭はさすがにキツイから(^_^;)
だから可愛い子供達のために、休み前の日は残業してでも作るんです。

ちょっと話がそれちゃいましたが、元に戻してと、、、




あ、そーそー カルシウムをひかえるように獣医さんに注意を受けている子は与えない方がいいかも。
それと顎の力が強い子とか、無我夢中で強く噛み続ける子は注意してあげてね。
歯の方が負けちゃって、かけたりする子もいるから。


ってな訳で今回は北海道の猟師さんから、捕りたてのエゾ鹿の角を直接送って頂きました♪


ジャ~ン!捕りたての6頭分の角(12本)です。
春に落ちた角じゃないから角の髄も生きています。

欲しい方はお分けしますよ。
猟師さんから直の仕入れなので、お安いです。(他にもいろいろ大量に仕入れたのもあって)



ただ、、、新鮮なのが一目で分かるのがグロイ、、、毛が・・・
休みの日にタカに頼んでキレイにカットしてもらいます。
そしてブラシで洗浄し、酸性水で殺菌しますのでご安心を。

ちょっと手間なので少々のっけます。
でもネットで調べた平均価格の50~70%くらいでお譲りできます。
価格を書いちゃうと他店さまの営業妨害になるから、
書きませんので欲しい方は直接メールで「なんぼ?」って聞いてください(笑)



発送希望の方は、送料ご負担願いますm(__)m


関連記事