FC2ブログ

Article

                   
        

12/9 良の3回忌

category - 日記
2011/ 12/ 10
                 
640_DSC_8147_edited_20111210204139.jpg
11ヶ月の良ちんと優コリン。


12月は嫌い、というよりも寒さを感じ始めると、やたら涙もろくなる。
それが「なんでかな~?年なんかな?」と考えてみた。
でも、、、やっぱ良ちんのことだったんだね、、、
意識しないようにしてても、気持ちが凹みがちになるし。
これが潜在意識ってやつなんかな、、、

何かしら自分を追い詰めて、毎日忙しく過ごしてるけど、アルコールが入るとダメですねー。
紛らわすどころかコントロール不能になる。

昨夜はタカと飲みながら酔い酔いで「良が生きとったら・・・」の話で、
泣いたり笑ったり、、、

気が付けば寝てしまってた。


320DSC_08180_edited.jpg


まさか我が子を事故で亡くすなんて、おかしな話だけど今でも人事に感じたりする。

事故から3日後に手術をし、その翌日体調が急変、そのまま病院で逝ってしまった良ちん。
山は越えたと思ってたのに、、、

あまりに突然の出来事に、現実なのか夢なのか、脳ミソがついていけず・・・
息をしていない良ちんを4日間も抱いて過ごしたっけ。。。

可愛くて可愛くて、もうどうしようもないくらい可愛くて、
「可愛いね~、ほんま可愛いね~、なんでそんなに可愛いのかね~」って、
毎日何回、何十回と話しかけ、大事に大事に育てた良ちん。


当時、タカに「宝物を奪ってごめん」と、泣きながら言われて、
辛いのは私だけじゃないと、気持ちを切り替えたっけ。

でも良の私を呼ぶ心の声が、頭の中で聞こえるのが何ヶ月も続いたっけ。
本当に辛く苦しかった。

あれから3年。

今は幸たんがいる、そして梅たんやジルたんも。
きっと良が生きてたら幸は我が家には来てなかったはず。
それどころかパパが違ってて生まれてなかったかも?
そしたら梅たんやジルたんも、、、

幸の子供達も生まれていなかったかも知れない。

そう思うと、良が導いてくれた命や出会いに凄く有難いと。。。

やっと、こんな風に考えられるようになった。
時間がかかったけど「乗り越えられた」という感じがする。



幸を迎えて1番気をつけたこと。
寂しさのあまり良だと錯覚を起こさないこと、良は良。幸は幸って。
無かったことにしたい気持ちが強いと、本当に脳みそが錯覚しちゃいそうだって思ったから。
これだけは本当に気をつけた。

良の良さ、幸の良さは比べられない。
どちらも最高、どちらも大好き。



320DSC_7917_edited.jpg
桃太郎と会えて、、、

320DSC_7915_edited.jpg
こうして楽しく遊んでいる良ちんを想像するようにしよう。


良ちん ありがと。。。

関連記事