Article

                   
        

凌ちん チャンピオンリーチ

category - 日記
2017/ 06/ 13
                 







3/11にプロのハンドラーさんとショーデビューした凌ちん。
産後3ヶ月だったり、訓練の動きが入ってたり、今年前半のショーは身体を元に戻すこと、ハンドラーさんに慣れること、訓練とは違うショーマナーを理解してもらうことと、ショーリンクに慣れることを目的にしてた。

まさか3ヶ月でCCカード3枚とれるなんて、想像すらしてなかった。
チャンピオンリーチってやつです。
これも全てハンドラーさんのお陰です。
凌のことをとても評価して下さっているので安心して託せました。
美羽の時は2週間しか預けなかったから、私も今回は相当な覚悟がいりました。

頑張ってる凌ちんを誇りに思います。

あとMCカード1枚でチャンピオン完成。
あれよあれよと信じられないことが起きてる感じです。
我が家で生まれた、いわば自家繁殖犬なので、美羽の時とはまた違った喜びが湧いてます。

美羽の場合は兄弟や両親、先祖もチャンピオンというバリバリのショー家系、選びに選んで決まった子で、里ママも1歳まで大事に育てて下さって自信をもって送り出して下さいました。
だから美羽の場合はチャンピオン完成は当然というか、美羽はとらなきゃいけないというか、日本でチャンピオン完成しました、犬種のスタンダードです!という評価を里に報告する事が ひとつの目標でした。
だから美羽の場合は凌ちんとは少し違ってたの。

MCカードは大きな大会じゃないと発行されないので、次は秋かな?
冬にとれるとラッキーです。
年内に とれなくても来年は交配するので帰宅です。

ブリーダー歴が短いだけチャンピオンタイトル取得は自信に繋がります。
ここ数年 愛犬の死が重なり苦しい事が多かったけど頑張ってきて良かった、とここに来て思えるようになって来た。

ブリードする上でタイトルや身体の検査結果は嘘偽りのない実績や証明です。

この業界、嘘やごまかしが結構あって実際、話を聞くと開いた口がふさがらないようなこともありました。
飼い主さんって知らないことが多いです。
だからこそ自分は自分にできる事、やるべきことをやり、努力を続けようと思いました。
ブログを毎日続けているのも、今の子達を見てもらうためでもあります。

訓練でもショーでも結果を得られた時の喜びは、頑張った分だけ大きいですね。

そして改めてみんなの健康に感謝です。
健康あってこそ訓練やショーに参加でき、そしてお産に臨めます。
心身共に素晴らしいゴルを生み出す。
生き物に完璧はありません。
しかし頑張りの積み重ねで補うことができるなら、それを怠らないようにしていきたいと思います。
理想に近付く努力は子孫に繋がると信じてます。

関連記事