Article

                   
        

3/4 ショコラの社会化と凌ちんの応援

category - 日記
2017/ 03/ 05
                 






人やワンコが多いドックショー。
ショコラのいい社会経験になりました^ ^

そして、そして!
凌ちんが早々プロハンドラーさんとショーデビュー!!!
こんなに早くデビューするとは思っていなかったので、前夜は緊張して寝つきが悪かった。

自分が出る競技会と大違い。
不思議ね。

こっそり見学に。

車で6時間半過ごしたショコラっち。
吠えることも泣くこともなく、ほぼケージで過ごしたのに凄く良い子で助かった(*≧∀≦*)

凌ちんは産後2ヶ月半なので ちょうどコートが生え変わり中で、だいぶスッキリしてた。
毛が生え揃うまでは練習(経験)だと思ってる。

毛は生えるからヨシとして、母ちゃんは凌を生まれてはじめて人に預けたので、彼女のメンタルが心配で心配で、様子を見るのも恐る恐るドキドキドキドキ💦

あ、いた!!!ドキドキドキドキ💦

こんなにドキドキするなんて自分でもビックリでした。

隠れて そ〜っと見るとトリミング台に乗ってた。
ずっと尻尾振ってて、ずーっとハンドラーさんを目で追ってた。
ニコニコしてるのが遠くからでも分かった。

えっ(o_o) あれ、ほんまに凌ちんだよね???

少し不安そうな顔を想像してたから何度も何度も確認した。

ん?んーーー?
カメラをズームして何度も確認してしまった。

やっぱり凌だ。
緊張どころかニコニコしてるではないか。
一気に筋肉が緩んだ。

凌ちんの出番、隠れて動画を撮った。
絶対にタカが撮ってきてよ!って言うから、出来るだけ映り易いところを探して(彼は仕事だったので)

いよいよ凌の出番だ!
ドキドキドキドキ💦

リングに入って来た姿に驚いた。

ハンドラーさんに対して最初から物凄い集中力!!!
尻尾高々フリフリ、表情も自信満々!
生き生き軽快に走ってた。

デビューとは思えない堂々ぶり。

あの子 凄いわ・・・
母ちゃんは心底思った。

私と訓練で培ってきたリング経験。
強い心って、母ちゃんの予想以上に逞しかった。

ものすごーく、安心したら何だか気が抜けた。
かなり筋肉が緊張してたみたい、肩が痛くなってきて。

カート持ってきてて良かった。
とてもじゃないけどショコラを抱いたままウロウロできなかったわ。

方や凌は母ちゃんの緊張と反比例。
それどころかテンション高くて逆に少し抑えないといけないくらいだった。

凌らしいな!って、なんか笑えてきちゃった。

良かった、本当に良かった(TT)

もしも凌が場の空気に飲まれ、萎縮して尻尾下げて自信なさそうだったら、母ちゃんは多分耐えきれず連れて帰る事を考えたと思うから。

凌は ほんとに素晴らしかった。
あの堂々ぶりは少し寂しさも感じるくらいだった。
母ちゃんいなくても、居ないなりに頑張ってるのに 勝手だよね、ごめんね。

私以外の人とリングに立ったことがなかったから、こうして凌の姿を第三者の目から まぢまぢと見れて新鮮だった。
というか なんて表現したらいいのか分からない、不思議な感じもあった。
まるで他所の犬を見ているかのような。

さっき改めて動画を見たらウルっときた。

凄いな、凌。
ホント凄いよ。。。(TT)

頑張ったね。。。頑張ってるんだね。。。
結果なんて どーでもいい。

あーーー 無性に抱きしめたい!
会いたい気持ちをグググ〜っと堪えて、ひっそり帰ったけど、動画見たら またどうしょうもなく抱きしめたくなった。

凌が頑張ってるんだから母ちゃんも頑張らないと!

そしてこの日、美羽の同胎のアレックスがチャンピオン完成しました👏

兄妹ふたり、遥々ロシアから来てくれて、これでふたり揃って日本でチャンピオン完成だね。

早速お里へ報告。
大変喜んでました^ ^

ロシアにいる両親も兄弟達もチャンピオンという素晴らしい血統。
当時、話が決まった時「貴重な子を譲って下さるのだから、その想いに絶対に応える!」と自分に誓った。
それを また思い出した。

何だか随分昔のことのように感じるけど、まだ新しい記憶なんだよね。

美羽が万が一、赤ちゃんを産めない体だったとしても一生大事にする、一生愛すると自分に誓ったっけ。
迎えるからには当然のことだけど。
でもブリード前提で大金はたいて決めたから、血は繋ぎたいって。
輸入は ある意味ギャンブル。
どんなに素晴らしい血統でも子孫が残せるとは限らない。
覚悟がいる。

里ママに感謝を伝える際には、この子達の素晴らしさが日本でも証明されたこと、が必需だと思ってチャンピオン完成に至った。
欧米は日本と違ってショーに出さないと??だから。

チャンピオンというのは 犬種のスタンダードの基準を満たしている、という証明。
訓練タイトルや資格は、その子の能力を証明するもの。

頑張っても取れない場合も、達成まで物凄く年数がかかることもある。

向上心って、たった3文字なのに深いね。
今の状態に満足せず、より優れたもの、より上を目ざして努力する心のことを言うんだけど、それがなかなか難しい。
気持ちはあっても時間がとれない、お金がもたない、体がもたない、気力が続かない、、、などなど。

真面目にブリーダーをやるというのは凄く大変なことなんだと改めて思う。
物凄〜くお金と時間がかかる。
そして健康でパワーがないと決めたことを貫けない。

たまに思う、いつまで続けられるのだろうって。

1番最初に輸入した子、秀が生きているうちは頑張る!と決めて始めたブリード。
振り返ると もう直ぐ6年。
うん私 よく頑張って来たと思う。
色々あった、ありすぎたけど。

6年後も この6年よー頑張った!と思えるようにしたい。
シニアになった秀の姿なんて今はまだ想像できないけど、当時自分に誓ったことは守りたい。
関連記事