寝てるみたい






綺麗な顔だな~・・・
起きるんじゃないかと思うくらい、寝てるだけに見えてしまう。
顔も体も見た目が どっこも傷んでないから余計に そぉ見えるんだろうね。
でも お腹が少し張ってる。
やっぱり肝臓から出血起こしてたんだ。
それで貧血が限界になり、だから眠るように逝っちゃったんだね。
昨日の朝はデッキをヨタヨタ歩いて自力で座ってウンコを2回もしてくれた。
積もってた雪を見せてあげる事もできた。
肉球で雪の感触を感じさせてあげる事もできた。
優、尻尾振ってた。
背中さすると もっと尻尾振ってた。
母ちゃんそれ見て 凄く嬉しかった。
昨夜寝る前のトイレも自力で座ってデッキでシッコしてくれた。
支えながらだけど最後まで自分の足で歩いてトイレしてくれた。
お水も最後まで頭起こして自ら飲めたね。
吐いたり、下痢したり、下が垂れ流しになる事もなかったから、介護って感じがしなかった。
トイレも出なくて困る事が全くなくて、出るよねって連れて出すと必ずしてくれてたから。
倒れてからの3週間と3日、こんなにべったり つきっきりで凄く観察して過ごしたのって、考えてみればパピーの時以来だ。
優との楽しかった思い出、たくさんあり過ぎて、頭の整理が全くおっつかない。
濃すぎるよ。
どの思い出も、どんな場面も、優の笑ってる顔しか出てこない。
ミッキースマイルしながら、ずーっと母ちゃんを見つめてる優しか出てこない。
目を細めて嬉しい嬉しいってなってる姿が浮かんで、死んだのに愛おしさが止まらない。
優の笑ってる顔見て数え切れないくらい癒された。
どんなに忙しくても、どんなにキツイ時でも不思議と癒されてた。
厳しい顔になってる時でも心がほっこりしてきて、自然と口元がゆるゆるになってたっけ。
優の存在パワーって母ちゃんにとってホント凄かったんだね。
可愛くて可愛くて、
もーーー食べてしまいほど可愛くて。
最高に、最高~~~に 愛おしい子だった。
何でも通じる人みたいな子だった。
濃い関係を築いてきただけに、母ちゃんにとっては体の一部みたいになってた。
優の母ちゃんになれて本当に幸せだった。
優との別れは身を引き裂かれるような、心を握り潰されるような、今そんな痛みがはしってる。
なんか心臓の奥?胸の奥あたりがギューって潰されてるような、息苦しくて痛いって感じの悲しみ。
頭がボーッとしてきた。
なんか、眠い。
なんでだろう、別に疲れてないのに、少し睡眠不足なだけなのに。
脳が拒否りだしたのかな、、、
前にも経験ある、この感じ。
やっぱり そーか。
脳が寝たいんだ。
ジル父さん、母さん、ゴル父さん、母さん、日菜父さん、母さん、ボスに姐さん、先ほどは優のために貴重な お休みの時間を割いて、こんな雪の中お別れに来て下さり、どうもありがとうございましたm(__)m
優とは もうしばらく一緒にいます。
この姿を目に焼き付け、この感触を一生忘れないよう触りまくります。
優の手、すごく好きだったから。
この手を握った感じ、すごく好きだったから、火葬まで納得できる時間を作ります。
関連記事