Article

                   
        

良かったね、優(^-^)

category - 日記
2017/ 02/ 08
                 

























優の姉、リーサの父さん母さんが来てくれた。
今は幸の妹7才のジルと、8才前で引き取られた11才のナンシーママと過ごされてる。

優が若い頃 いっぱいいっぱいお世話になった。
リーサと同じように可愛がってくださった。
優も大好きなお父さんとお母さん。

こんな田舎まで、、、
どうもありがとうございましたm(__)m
嬉しかったです(T-T)

優、喜んでた。
目を細めて喜ぶ顔見たらウルっときてしまい、ぶわーっと込み上げてきた。

グッとこらえた。

先住犬のお兄ちゃんションちゃんも肝臓だったなとか、リーサは脾臓だったなとか、いろいろ思い出した。

昔のこと、今思い出すと苦しくなってしまうから思い出すのはやめてたけど止まらなくなった。

海によく行ったな〜、、、
川でよく泳いだな〜、、、
キャンプ楽しかったな〜、、、
旅行もよく行ったな〜、、、
雪遊び、花火大会やお祭り、、、
桜の時期は花見、秋は紅葉、、、
時間をつくっては あちこち行ったな〜、、、

春夏秋冬を満喫してた。
優との思い出は本当に数えきれないほどあるんだ。

優が2才からはじめたブログ、ここに思い出の証がたくさん詰まってる。

過去を振り返ってしまうと、時間が止まってしまいそうで、というのも あまりにショックな出来事を経験してしまってるので、それ以来昔のブログは見ないようにして来た。
その暇をつくれないほど忙しく過ごすことで前だけ向いて進んで来た。

見ようと思えば いつでも見れるから。
それは将来の楽しみにとっておけばいいと。

ガタがきてるポンコツ体、いつまで動くか分からないから、ワンコも人も いつ何が起こるか分からないから、できることはできるうちに、が口癖。

今を大切に生きる事は愛犬達から教わった。
この子達と出会わなければ、間違いなく無駄な時間を過ごしてた人生になってたと思う。

私を成長させてくれた子供達。

悔いのない人生って、 もしかしたら あえて険しい道に進むことなのか?
決めた事を続けること、なかなか進めなくても、物凄く辛いことがあっても、進む事をやめないことなのか?
そぉフト思った。

きっとそれは死ぬまで終わらしたらダメなんだと思うけど、今を生きる積み重ねが 悔いのない人生をつくるのかな〜、、、
それだと頑張れそうだよね。

そういえば息抜きも必要だと、よく言われるっけ。
なぜだか分からないけど、そんなに頑張っているように見えるのかなー?
昔と違って休む時はしっかり休んでるし、
手抜きだって上手になってるのに。

でも、そうだね。
息抜きかー、、、お気持ち有難いです。

でも、いいの。
こうしたいからしてるの。
この子達にとっても私が全てだと思うし。
日中、普段は母ちゃんひとりだから。

お子達がいる数だけ見送らなければならない、当然のことなのに物凄く怖い。
でもそれが親のつとめなんだよね。
ブリーダーである前に この子達の親なんだもんね。

7才過ぎるとカウントダウンがはじまったような感覚になるのは、なんでだろうって思ってたけど、それはきっと自分のために悔いなく過ごせよって、初心に戻れよって、違う自分が自分に言い聞かせてたからだと気付いた。

自分のために、が この子達の為になると信じてる。

なんか時々、頭の中にもうひとりの自分が現れる。
そして答えを出してくれる事が多い。

常に自分に問いかけてる。
これでいいのか、悔いはないかと。

私の思考の癖なのたろうか?
それとも人の脳って、みんなそーなの??


優の残りの時間、どうか穏やかに過ごせますように。
痛みや苦しみが起こりませんように。。。



関連記事