FC2ブログ

Article

                   
        

ご心配ありがとうございますm(__)m

category - 日記
2017/ 01/ 19
                 




















優コリンのこと、ご心配頂いて 本当に本当にありがとうございますm(__)m

脳のMRI検査をした訳ではないので、病気の源は分かりませんが症状からの診断では「老齢性前庭疾患」だそうです。

やはり三半規管の障害のようです。

病変の源を探す検査はしない。
麻酔が必要になってくるし、病院においておく時間、優は望んでないから。

院長先生が「この様子では食べられないから」と点滴と注射をして下さったそう。

私はパピー達の世話もあったので、病院はタカと愛ちゃんで行ってもらった。

2週間分の血管を広げる薬とステロイドが処方された。

朝ごはんを抜いて行かせたので、お腹空かせて帰ってくると思い、帰ったら直ぐに食べさせようとヤギミルクでフードをふやかしていた。
大好きな芋も蒸して。

帰宅した優は やっぱり昨日の優とは別犬で、やっぱりショックだった。
けど母ちゃんが凹んでる姿を見せる訳にはいかない、それ見せちゃったら優の不安が大きくなるはず、私以上に凹むかもしれない、ここはグッと我慢した。

眼球が左右に揺れてて頭は右へ右へと傾くので、優が何を求めているのかを察するのが難しくなった。

けど、何となくお腹すいたって言ってる気がして。

ご飯の用意してたらタカから「食べられる訳ないじゃん!」って何度も言われた。

でも無視して準備を続けた。

喉かわいたような口元をしたので傾こうとする顔を固定し大きめの器でヤギミルクをあげると、ツンツンて、支えてた手を少し緩めると首ふり人形のように頭がフラフラ。
口元を固定したままミルクに誘導したら飲んでくれた。

その後、同じ要領でご飯を手で食べさせたら完食した。
芋もバクバク食べた。

超、超嬉しかった(TT)
ほっとした。

今の優を外見だけで見たら「あと何日もつだろう?」って感じに見えるけど、優の胃腸は まだまだ元気なはず、意識だってちゃんとしてるもん、まだ生きれる力があるはずだもん。

目の揺れがおさまるまで体力が持ってくれるように、できるだけ食べ物を口から入れたい。
点滴ではなく優の好きなものもあげたい。

蒸した芋を揺れながらも嬉しそうな顔を一瞬だけ見せてくれた。
その顔見たらキュンとした。

その後もニコニコしてくれた僅かな時間。
ちゃうど動画を撮ろうとしてたので、たまたまその表情が撮ることができた。

ありがたい、母ちゃんは この顔見たら もっと頑張れるわ。

ありがとう優。

いつも私を見てる、ふと目が覚めた時に私を探す。
大丈夫、ここにおる。

私の人生を1番知ってる子。
この14年半いっぱい辛いこともあったけど、いっぱい幸せな時間もあった。
心底生きるのが辛いと思った時、必ずいつも側に居てくれた。
黙って寄り添って、まるで心を重ねてくれてるように感じ、これではいかん!と何度も乗り越えることができた。

今度は母ちゃんの番だ。

先の事は考えてない。
どうなるかなんて今考えても仕方のない事だから。
今の優を全力で愛します。

パピー達もちゃんと育てます。
それはそれ、これはこれ、パピー達の犬生は既にはじまってるので 私の感情次第でブレる育て方はしません。
芯を持って育てます。
それがパピー達の為ですから。
いちいち私の感情で左右する接し方はしません。

この部分はプロ意識もってます。

優の問題は私と優の関係であって、パピー達の育児とは関係ないです。
パピー達と私の関係は変わりません。

なのでママさま方お気遣い下さいませんようにお願いします。
今まで通りメールやLINE下さいね(^^)



関連記事