FC2ブログ

Article

                   
        

幸がパパになりました!

category - 日記
2011/ 10/ 31
                 
6401029baby.jpg
ご覧下さった皆さま、どうもありがとうございましたm(__)m

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


幸がパパになりました!

640kow.jpg
しばらくトップ記事にします(新しい記事は前です)

640DSC_9969_20110721203628.jpg
お嫁さんはお顔も性格もかわいいキャロルちゃんです♪
9月15日に男の子5頭と女の子3頭産まれました♪

おっと~りマイペースな美人さんです♪
「吠えることを知らないんじゃ?」「怒ることも知らないんじゃ?」
ってくらい超大人しく穏やかな子です。


640DSC_0015_20110721203627.jpg
散歩で引っ張ることもなく、病院でもされるがままで、
どんな人や犬にも動じず落ち着きがあります。
大変扱いやすく誰からも愛される要素を持った、セラピー犬向きの性格だと思います。


640DSC_9984_20110721203629.jpg
犬の場合、母親は子供への遺伝や影響が強いので、このような性質の雌は母親に最適だと思います。
妊娠中から子育て期間中、母親の精神状態は子犬に多大な影響を及ぼします。


640DSC_9865.jpg
穏やかな性格で落ち着いた精神状態のキャロルちゃんなら、
素晴らしい育児をしてくれることと思います。

お目目が真ん丸で大きく、色素は濃くて可愛いお顔立ちです。
ゴールデンでも色んな顔の子がいますが、キャロルちゃんと幸の組み合わせの子なら
どちらに似ても可愛い顔になるに違いない!と期待しちゃいます


640P1070404.jpg
お互い初めて同士だったのに、人が関わることなく自然交配をやってのけたふたりです!!
キャロルちゃんがどれだけ性格が良い女の子で、幸がどれだけスタミナがある男か、
それが分かる方には、特に気に入っていただけるかなと思います。
(大型犬の交配はとても難しいので、ほとんどの場合人が手助けをします。もしくは人工受精です。)

16日エコーで子供が確認できたそうです。

「興味がある!飼いたい!」と本気で思って下さる方は
ハカタフィールドへお問い合わせください。

幸へのご質問はブログ左下のメールフォームからお気軽にど~ぞ♪



640DSC_8893.jpg
ご質問の際は必ず「お名前・メールアドレス」を明記して下さい。
ご連絡を下さった方を優先に、出産のお知らせをされるそうです。

仔犬はご予約順にお選び頂けるそうです。
(産まれるまでの仮予約も受け付けておられます。)

「繁殖目的」や「飼う気が無いのに料金だけ知りたい、詳細だけ知りたい」
と思った方へはご予約時点からお断りする場合があるそうです。


―――――――――――――――――――――――――――――――


子犬の飼い主さんになられる方の為に、「続き」にてパパ情報を公開します。

            

<<幸の自己紹介>>
640P1070390.jpg
幸(ロイヤルコウオブハカタフィールドジェイピー)
2009年3月13日生まれ、2歳


<<健康診断>>
640_DSC_9071.jpg
<<検査は全て今年受けたものです>>
フィラリア検査異常なし(診断書あり)
血液検査異常なし(診断書あり)
甲状腺ホルモン検査異常なし(診断書あり)
目異常なし・心臓異常なし
肘・膝関節異常なし(膝関節右左ノーマル証明書あり)
股関節「JAHD検査」血統証明書への記載手続き済み
幸の股関節はJKCの5段階評価(A~E)で「A」という素晴らしい評価です。

兵庫の有名な先生に精子の検査をして頂きました。
幸の精子は「めっちゃ元気!!」だそうです(笑)
こちらの先生は、1998年にスメア検査の本を日本で初めて書かれた方です。
現在は黄体ホルモンの検査で、排卵日を特定することが出来るそうです。




先天的に「膝蓋骨脱臼」は股関節形成不全と同じくらい発症している疾患です。
後天的に事故などの衝撃でも起こることがあるので注意が必要です。

幸の診断は左右、両膝とも「Normal」で「問題なし」でした。
ちなみに膝蓋骨脱臼が問題ありの場合は、グレード1(軽度)~4(重度)で評価されます。


1024_CA3H04460001_20110712232927.jpg
股関節は右関節が「1」 左関節が「2」でした。
左右合わせて(総スコアー)「3」という素晴らしい数値です。(JKCでは0~4がA評価です)
(レントゲン撮影日:2011年6月20日)

股関節診断はアメリカの機関のOFAが有名ですが、JAHDはOFAよりも細部にわたって診断しもらえるので
誤診が少ないと言われているようです。
それに日本語で申込みができ、日本語で診断が返ってくるのもあってJAHDへ診断をお願いしました。
すでに血統書への記載手続きも完了しています。


1024_k2.jpg
ありがたい事に現在まで皮膚や関節等のトラブルはありません。
他にも4箇所の専門病院にて診断を受けました。
どこの病院にかかっても、幸は「お墨付きの健康優良児ですね!」でした。


moblog_986942f2.jpg
歯並びも整っていて、噛み合わせも正常です。
鼻・口回り・爪も黒いので、色素は濃い方だと思われます。


640DSC_9235.jpg
体重は29kg、フィールド系だからか太らない体質です。

ゴールデンでもがっちり骨太ちゃんやぽっちゃりおっとりちゃんなどなどいろいろなタイプがありますが、
幸のようなタイプの子は軽快でキレがある動きをするので、
訓練やドッグスポーツ(アジリティー・フライボール・フリスビーなど)に向いていると思います。



耳はこまめに手入れするように心がけてます。
予防のため月1回はマラセチア菌をやっつける耳薬を入れています。
(一般的に肉球の間やゴールデンのような垂れ耳は湿気がこもりやすく、マラセチア菌が増殖しやすいです。)
幸は肉球の間もカイカイになって赤くなったことはありません。


640_P1050314_20110720175301.jpg
1歳 1ヶ月 セラピー犬認定試験合格
1歳 6ヶ月 家庭犬訓練試験CDⅠ、Ⅱ 合格(優)
1歳 7ヶ月 家庭犬訓練試験CDⅢ、X 合格(優)
1歳 8ヶ月 JKCトレーニングチャンピオン(T.CH)完成
1歳11ヶ月 BH(ベーハー、同伴犬訓練試験)合格

1歳11ヶ月 メジャーポイント獲得(CDⅢ以上で交付されます)

2歳 6ヶ月 JKCグランド・トレーニングチャンピオン(G.T.CH)完成

640_血統書の裏
子供のJKC血統書父親の欄に経歴が載ります(セラピー犬の認定以外)



1024_P1050542.jpg
<訓練競技会ロゼット(リボン)の余談>
1席は「青」のロゼット(1席リボンはデカイ)2席「赤」、3席「黄色」、4席「白」、5席「緑」となってます。
本部開催のみ10席まであります。


1024_CA3H0378.jpg
訓練競技会のポイントカードは、各科目の95%以上の得点でもらえます。
20ポイント以上でトレーニングチャンピオン完成(CD1のみで20ポイントはダメです)
グランド・トレーニングチャンピオンは60ポイント以上(そのうちメジャーポイントカード1枚が必要です)
メジャーポイントカードとはCD3以上の競技で、95%以上で得られます。
トレーニングチャンピオンを完成&申請後、2年以内に60ポイントに達しなければ、
グランド・トレーニングチャンピオンが認められないという規定があります。





幸は1歳3ヶ月から訓練競技会デビューし、9ヶ月間で1席をたくさん頂くことができました。



訓練所が遠く数えるくらいしか行けない中、幸&母ペアーはいっぱい頑張りました(^^♪





警察犬訓練競技会も出陳した事があります。
2歳2ヶ月 3部服従アマにて98.2点 2席 チャンピオングループ入賞





警察犬服従競技会内容
4部服従 (休止は省かれるので4科目)
3部服従 (休止は省かれるので7科目)

チャンピオンR 90点~ 95点がリザーブチャンピオングループ
チャンピオンG 95点~100点がチャンピオングループとなってます。

大会の規模や出陳頭数によって1席のみガウン、2席まで、3席までと違うようです。




800_DSC_5955_edited.jpg
躾・訓練といっても伸び方に個体差があり、訓練の内容によっては向き不向きがあると思います。
幸の血統は訓練に向いている系統だと思っています。
今年の7月、胴体犬の女の子(2歳)が「嘱託警察犬試験」に合格しています!
他にも訓練競技会に参加している兄弟がいたり、年違いでトレーニングチャンピオンの子がいたり、
更に血統をさかのぼると優秀な祖先がいたりと、やはり向いているのだなと確信しています。


おっと忘れていました。
ワクチンのお話です。

幸は生後1ヶ月で「2種混合ワクチン」を接種。
それから1ヶ月後に生後2ヶ月で「6種混合ワクチン」を接種、
その30分後に顔や体がカイカイになり、病院にて抗アレルギー剤の注射を打ってもらったことがありました。
接種後すぐにカイカイはおさまり腫れも嘘みたいに引きました。

短時間の出来事で「あれはいったいなんだったのか!?」って感じでした。

最初ワクチンを打ってもらう時、先生からは「1歳までは6種以上のワクチンは打ちたくないから」
と言われ、その影響がアレルギーが出やすい時期だからと聞いていました。
先生いわく大人になったら出ないかも知れないとも言われましたが、
怖いからチャレンジする気になれず翌年の1歳の時は、
先生から「どうする?」と言われ迷わず「先に抗アレルギーの注射をお願いします」と言いました。

抗アレルギー注射を先に打った後にすぐワクチンを打つのですが、
料金はワクチン代だけだし(病院によって違うかも)何の変化もありません。

タカには「大人になったんだから抗アレルギー注射を打たずに試してみたら?」
なんて言われますが何となく勇気がなくて出来ません。
近々行かなくちゃなので迷ってます。

そして気になるこれの遺伝ですが、原因が分からず「遺伝性でない」と言われています。
実際に幸のたくさんいる兄弟や両親の中に1頭もそんな子はいなくて、
それどころか犬舎でも幸が初めてだと言われて、大変驚かれました。

現在ではワクチンアレルギーが出にくい種類のもの出てきているので、
それに変えてみるのもいいなと思ってます。

<注意>
私の考えですが、子犬を迎えてまだ小さいのにいきなり9種ワクチンは打たない方がいいと思います。
地域によって種類は違うと思いますが、体が出来上がる1歳までは気をつけた方が安心だと思います。
アレルギーも心配ですが、種類が多いということはそれだけ強い注射ということだと思いますので、体や脳への影響が怖いです。
個人的意見ですが少しバカになるような気がして(^_^.)

ワクチンは病原菌を入れる訳ですから、仔犬を迎えて1週間は様子を見て、環境に慣らして食事もしっかり食べさせて、便は正常な状態が続いてなど子犬の体調が万全な時に接種した方が良いです。

幸のように局所アナフラキシーならいいですが、
まれに全身性にくる「アナフラキシーショック」は命に関わります。


800_DSC_4717_edited.jpg
私はゴールデン飼い暦は18年ですが、内容の濃い時間を共にしてきたと思っていますので、
だいたいのお悩みやご相談には答えられるかな。。。と思います。


800_DSC_7113_edited.jpg
父親似なら尚更ですね、あと初めてゴールデンを飼われるオーナーさんも、
ご遠慮なくお電話やメールなどを頂ければと思います。



1024_K3.jpg
幸はレトリーブも泳ぎも好きです♪
(波は未だ怖いみたいですが)
これは潜ってワカメを取ってます(笑)
泳ぎは教えなくても最初から勝手に泳ぐ子もいますが、
慎重なタイプな子や臆病な子、そんな子は最初は恐怖心があるので、
そのような場合は回数を増やし一緒に遊ぶことで恐怖心をなくしてやり、
慣らしていくうちに泳ぐ楽しさに目覚めると思います。


640_kowkokansetu.jpg
幸の場合、持って生まれた運動神経で足が速く瞬発力も抜群です。
レントゲンでも股関節が丈夫なのが確認できたので、最近は手作りの道具でアジリティーも始めました。


640DSC_6887.jpg
アジは飛ぶ作業や急発進・急ターンなどが多いので、関節への衝撃を考えると2歳ぐらいまでは控えたほうがいいかなと思っています。
私はそれまでに筋肉を発達させて関節を守れるしっかりとした体をつくる事を優先した方が良いと考えています。

人間もそうですがスポーツをする時はトレーニングが重要で体や筋肉ができあがってないとどこかに負担がかかってしまい後々障害が出る可能性があります。
やはり2歳までは体作り、躾や訓練にあてる重要な期間だと思います。
それは間違いなく将来を左右する重要な時期だと考えてます。


800_モザイクDSC_5246
それと親の股関節が「A」評価でも生活環境、滑りやすい床や過度な運動、肥満などで悪化することもありますので、油断は禁物ですね。
普通の動物病院での診断で異常が見られなくても、JAHDのレントゲン上の検査では少しでも炎症が見られると結果は悪くなるようです。

ちなみに幸の両親の股関節検査も「正常」で、問題無しです。


320-DSC_9731.jpg
幸はスイッチのON/OFFがはっきりしていて、状況判断ができる子に成長しています。

人や犬を気遣う優しさもあり、幼い子供や小型犬と一緒にさせていても安心感があります。
少々では凹まない・根に持たない、あっさりとした性格をしています。

わがままも言うことがなく、何でも自力でやろうとする行動力があります。
遊ぶ時に見られるイラッチな面もありますが、聞き分けは良く諦めも早いのでとても楽な子です。

我慢強さを身に付けて来たお陰で、今ではこちらが「凄いな~たいしたもんだな~」って関心するほどに服従心が育ってます。


1024_P1060319.jpg
幸は真面目な性格で律儀な男です。
だからか1歳からデビューした競技会でも脱走した事が1度もありません。

空気を読む力、なおかつプレッシャーに押しつぶされない強さが育ってきてます。
状況判断能力も備わり芯の強い子だと感じています。

注意ですが、逆を返せば芯の強い子ほど手強い面もありますので誤解がありませんように(笑)


800_DSC_2822_20110721163504.jpg
そして苦手なものは・・・ん~~~~やっぱり「怒った母さん」かな(^_^;)
だから私が怒るようなことはしません。

大きな花火や雷、ダイソン君(掃除機)や吹き飛ばしドライヤー、その他いろいろな物音とかは平気です。
玄関のチャイムやノック、誰が来ようが吠えることはありません。

吠えるのは遊んでいる時の興奮吠えくらいです。


800_DSC_5464_edited.jpg
幼い頃から音に関してはあらゆるものに慣らしてきました。
普段の環境の中、通り走る車の音、機械の音など、けっこう色々な音がする環境の中で育っています。
お陰で音にびびったり怯えたりする事はなく、本犬はストレスの少ない生活を送れているように感じてます。


320-DSC_9795.jpg
そんでもって、甘える時は私の膝にあごを乗っけたり、顔をうずめて来たりでめちゃめちゃ可愛いーです。


640DSC_9583.jpg
しかし欠点もあります。
当然ながら最初からパーフェクトな子はいませんよね。
幸も失敗を重ね訓練を重ね、少しずつ成長して現在に至ります。
もちろんまだまだこれからの年齢ですので、向上心を持ち続け幸と一緒に楽しめる時間をたくさん作っていきたいと思っています。


640_DSC_8686.jpg
ゴールデンレトリーバーですがコートのカラーは血統書ではクリームに分類されています。
優と比べたらこんな感じです。
ペールゴールド(palegold)ですよね。
ゴールデンの名ににふさわしく、そのコートは光に輝いています。
部分的に少しカールがかかってるところもあります。
下毛が少ないので手入れは大変楽です、乾きも早いです。
あと体臭が薄くて「いつジャンプーしたっけ?」って思うくらい臭くなりません。


moblog_6250599e.jpg
幸の年齢は人に例えたら21歳だそうです。
肉体的にも精神的にグンと成長して、父犬になるには最高の時期でした。


640P1070380.jpg
ここまで目を通して下さったお方、どうもありがとうございました。
雄親ですが愛する息子の子供には、1頭残らずみんな幸せになってもらいたい気持ちでいっぱいです。


640DSC_8834.jpg
私へ質問を下さる方へ

※子犬の予約(予約状況も含め)・料金などに関しての質問は私では分かりかねますので、そういった質問はハカタフィールドケネルへお願いします。

※幸に会いたい実際に見たいと思われる方は、大歓迎ですよ。
私も本業がありますので、お互い都合が良い日時を相談しましょう。

こちらの内容の意味や価値を感じて下さる方が幸とキャロルちゃんの子供達の飼い主さんになって下さることを願っています。

どうぞよろしくお願いしますm(__)m

素晴らしいご縁がありますように・・・

関連記事