FC2ブログ

Article

                   
        

健康診断とワクチン終了(*^^*)

category - 日記
2016/ 07/ 08
                 






写真、上から誕生順。
全頭無事にワクチン接種が終わりました。
異常反応もなくホッ。
便も健康チェックも異常なしでした(*^^*)
早速ワクチン証明書と健康診断書を、それぞれのパピーファイルへ入れて荷物と一緒に梱包。
全頭発送しました。
ご家族の皆様、いよいよですね!
❤︎お荷物が届きましたら中身をテェックして下さいね。
フード(ダック)15kg、ヤギミルク1缶、鹿の角、パル家さまからのプレゼントのパピー達の器、パピーファイル2冊とナチュラルバランスパンフレットです。
❤︎パピーファイルの中身もお間違いないか、各書類の我が子の名前をご確認願います。
❤︎血統書は申請中です。
去勢、避妊を行われるようでしたら、その日時が決まった時点でご連絡ください。
血統書原本とお礼金をお送りします。
❤︎マイクロチップ登録済みハガキの裏に「飼い主さま変更」の連絡先がありますので変更のご連絡をしてください。
❤︎2回目のワクチンは8/8以降です。
ワクチンの過剰接種で健康な体を弱めてしまう恐れを避けるため、我が家では生後2ヶ月で1回目、生後3ヶ月で2回目のワクチンを接種できるように、授乳から考えて免疫力が高い体をつくる育児をしていますので3回目のワクチンを接種する必要はありません。
それとパピー時期に2回ワクチンしてますので、目には見えませんが体はこたえているはずです、いくら元気でも狂犬病予防注射はワクチン接種から期間をかなり開けてくださいね。
特に暑い時期は避けてください。
昔こういった子がおりました(当舎の子ではありません)生後1ヶ月で2種ワクチン→生後2ヶ月で9種ワクチン→生後3ヶ月で9種ワクチン→生後4ヶ月で念のため9種ワクチン→生後5ヶ月で狂犬病予防注射といった無茶苦茶なプログラムでパピーの体が弱わり病気になった子がいました。
予防注射といえど打てば良いってもんではありません。
1番は免疫力です。
予防注射をしていても病気になる子はなりますから。
そして極端な話、していなくてもならない子はおります。
その違いは抗体も勿論ありますが、1番は免疫力の強さだと感じています。
人間の子供でも そーだと思うの。
実は私も そのひとりで小学校の頃ほとんどワクチン接種してないの、肌が特別白くて血管が見えるくらいだったので顔色が悪いと思われて打ってもらえない事が多かったんです。
だから同年代の人達の腕にある注射の跡やハンコ注射の跡もないの。
インフルエンザのワクチンも打った事がなく、妹は打ってるのにインフルエンザを貰ってきて、一緒に住んでる私はもらわないという。
風邪も素通りするらしいです。
バカは風邪ひかないってやつかもしれませんが(笑)
優コリンは10歳から接種していません、最後に打ったのは9歳だったから5年になります。
ワクチン打ってない不安よりワクチンで逆に免疫力が一時的に下がる方が怖くて。
若いうちは直ぐに回復してましたが、歳をとると回復するのにも時間がかかってしまうので、一時的に下がってしまった間に、もし病気になったり?とか、もし病気を持っていたら悪化する怖れがあるのでは?と考えているからです。
それよりも日頃から免疫力が下がらないような食事と生活を送らせる事を優先しています。
下痢をさせない丈夫な胃腸つくりは幼少期から大事です。
打ってないと不安になるのも分かりますが、病気って ちゃんと定期的に検査など受けていてもなる時はなるんです。
生き物ですので肉体は不完全です、ある意味 覚悟をして暮らさないといけませんよね。
どこにでも菌はいます、人も犬も病院だって病気の子も来ますしね、 だから普段の生活の中で感染しないよう、疲れさせすぎないとか、栄養不足にならないようにするとか、他に気をつけてあげる事は沢山ありますからね(*^^*)
パピーは まず下痢させない、が1番です。
丈夫な胃腸の持ち主は医者いらずってくらい病気に強くなりますから。
成長期は良質なタンパク源を成長に合わせて しっかり与える。
そして暑くなり始める前から夏バテ予防の食事に変える。
(タンパク源を増やす、酵素やビタミンCを与えるなど)日本の気候は厳しいですから、その時期に耐えられる体をつくってあげて下さいね。
若いうちに培った免疫力の強さは必ずシニアになった時に実感できますから。
ワンコの一生は長いようで短いです。
たった7年でシニア期に入ってしまう事を頭に入れて、若いうちに しっかり健康体という土台をつくって、しっかり遊んで楽しくお過ごし下さいね(*^^*)
人間もそーですが体の心配が出始めると、なかなか遊びにも行けなくなりますから。
里母は賢い子より少々やんちゃでも超元気です!って言われる方が嬉しいから(笑)
どうぞよろしくお願いしますm(__)m
接種する種類はお住まいの地域によって異なりますので、かかりつけの獣医さんにお尋ねください)
関連記事