FC2ブログ

Article

                   
        

優コリンと愛ちゃんペアー

category - 携帯から
2011/ 06/ 20
                 



優コリンと愛ちゃんペアーは、今回初めて8歳以上の子が対象のアトラクションに出ました。

内容はCD2と同じ10科目。
でも審査はシニア向けで優し~優し~審査員さんでした。


真後ろで見守る母
競技の合間で母さんをちょいちょい見る優コリン
頑張って優コリンの気を引く愛ちゃん

結果は規定67選択29.7で計96.7点(2席)でした。
おめでとう~(*^o^*)


アトラクション競技はポイントは関係なく、優勝のみトロフィー。

出陳料3000円なのに粗品で可愛い傘とマグカップを頂いた。

たまたま傘もマグも可愛いダックスの絵だったから、愛ちゃんは大喜びで大満足してました。
シニアが出る競技は順位なんてどうでもいい、みんな一番!!って思っちゃうほど感動するものがあります。

今回特に12歳の女の子ゴールデンとお母さんペアーには泣けました。

恐らくお母さんは初めてで犬は訓練士さんが育ててきた子。

お母さん達の真後ろで見守る先生の姿と、頑張るお母さんと愛犬の姿がたまりませんでした。

このスチュエーションに泣けて泣けて、、、

感動した。

決勝戦を観覧する時の感動とはまた違った感動。

もぅ涙が溢れてきてどうしようもなかったです。
決して競技内容が良かった訳じゃないんです。
ただただお母さんの事が好きで好きでたまらない感いっぱいの子で。

待たせて離れなきゃいけない作業や遠隔作業で、つぃつぃ動いてニコニコ母さんのところに駆け寄る姿に、泣きながら笑うなんておかしいけど可愛くてジンっときて、、、

片時も離れたくない健気さもたまらなくて。

タカも動画を撮りながら泣いてました。
証拠に鼻をすする音が動画に(笑)

今思い出しても泣けてくる。

きっと、長い間訓練士さんが育ててきた子なのでしょう、現役時代はバリバリの訓練犬だったのでしょう。

最後の花道は大好きなお母さんと…と背中を押し優しくエスコートする先生。

真後ろで見守る先生の姿もたまりませんでした。

その先生には一度審査員さんとして見て頂いた事があるのですが、優しい方でこの度益々ファンになりました。

素晴らしいものを見せて頂きました。

愛犬と過ごしてきた時間、築いてきた絆、優コリンも振り返る年齢です。

たまりませんな。。。
関連記事