FC2ブログ

Article

                   
        

美羽が面白くなって来た(≧∇≦)

category - 日記
2016/ 03/ 25
                 


















美羽ボールレトリーブタイムになると嬉しすぎて地団駄を踏みながら「早く!早くー」ってするようになった。

お目目ギラギラで待ってましたーって感じが物凄くよく分かる。

ボール好きな子には よくある光景だけど、美羽にとっては凄い進歩!

なぜならルールを知らなかった以前の美羽だとボールを見た瞬間、目の色変えて犬が変わったようになり、両手を母ちゃんの腹にドスッ!と突き当て お構い無しに手ごとボールに飛び噛み奪い去っていたから(笑)

生後12ヶ月、日本語を全く知らない状態で迎えたから、パピーから育てるのとは訳が違って 何かを伝えるといったパターンが見事に通じずすべて空振り。
全然伝える事ができなかった。

ただ健康体でいてくれれば、それだけで十分だと思っていたから美羽に関しては ゆっくり付き合って行こうって決めてた。
目先の事を求める前に ちゃんと土台を築いて行こうって。

有難いことに性格も良くて悪い癖もなかったし、我が家の先住犬達とも問題なく溶け込んでくれたし。
生活をするには全く問題がなかったから気持ち的にのんびり構える事ができた。

ただ言葉の壁と母ちゃんの事を知ってもらうのに時間だけ必要だった。

今ではボール持ってても待てができるようになって来てる(まだ少しだけだけど凄い進歩)
ショーにも出すけど 座れ、立って、伏せ、回れ、チンチンなども いつの間にか覚えてくれた。

ボールレトリーブは教えても教えても、なかなか伝わらず「もしかして この子とは一生レトリーブごっこで遊ぶことはできないかも知れない」って思った事は何度もある。

取りに行ったら 行ったっきり、好き勝手遊ぶし。
こちらが取りに行くと咥えたまま走って逃げるし。
やっと取ったかと思えば手ごと速攻奪うし。

その都度ルールを知らないんだから仕方ない、と言い聞かせたっけ。
無理に教える必要はないし、できれば楽しいのにって程度でボチボチやってた。
諦めるのは簡単なので、諦めずに気が向いた時だけやってた。

美羽とも遊びを通して一緒に楽しめる事がしたかったから。


手ごと食われたり腹に飛び蹴りされると(笑)腹がたつほど痛い時もあったけど(未だに油断はできないが)それでも懲りずにボチボチ続けてきたね。

それが最近必ずと言っていいほど持って来るようになり、手が当たって「痛い!」と言えば申し訳なさそうな表情をして飛び噛みしてこなくなってきた。

あの、襲撃の練習か!っていうような状態から、少しゴルらしさが出てきた。

嘘みたいな進歩。

ボールを目の前に興奮してても 心が伝わってる!と感じる事が増えた事が嬉しい。
言葉の意味も段々理解度が深まってきてる気がする。

こーなると めちゃめちゃ可愛いくなる。
そして母ちゃんも楽しいー!!!
周り関係なく母ちゃんとの遊びに夢中になってくれる美羽を、もっと楽しませたい!ってなる。

こんな日が来るなんてねーT_T

ほんと可能性って やってみなくちゃ分からないもので、犬が変わってしまう事は多々ある。
だから この子はこーだと決めつけたり、諦めたりせずに理想を持ち、続けていく事が大事。

やって できない事はないのだ。

親と楽しみを作れた喜びは、その子にとってもデカイので益々こちらの事を好きになってくれる。

ただ、ご飯くれるからオヤツくれるから好き、だけじゃ深い絆は築けない。
感情のある生き物だからこそ難しい面もあるけど、それ以上に喜びや愛おしさを感じさせてくれる素晴らしい生き物である事は間違いない。

この素晴らしい犬種を1人でも多くの人達に知ってもらいたい。
こんな子、他にはいないと思える子育てをしてくれるのはご家族さまの愛と努力の賜物だけど、その土台作りに少しでも貢献できるのがベビー時期を育てられるブリーダーの力なので、経験と実績を生かし今後もベビーの育児に励みます(*^^*)





関連記事