FC2ブログ

Article

                   
        

アスファルトデビュー

category - 日記
2016/ 02/ 19
                 













































































































昨日はお天気が良くて地面も乾いていたので3ワンを駐車場のアスファルト限定で着地させてみた。

意外や意外!
1番に外に出てきたのが空(そら)でした(@_@)

フェリックスは まだダメだよぉ。
この子は直ぐ慣れるな。

一応、歩かなくなった時のことを考えて(ずっと抱いて歩くのはキツイので)1人用のカートを用意。

アドバイスをして妹に任せた。
空(そら)、空(くう)、空羽の順に ひとりづつ、じっくり時間をかけてくれたみたい。
私と違って妹は おっとりさんなので、パピー育てに向いてる。
よく笑うし、よく褒めてるから みんな妹に尻尾ブンブン。
ワンコのことも よく観察できてるし、まわりも見れる。
子供を育ててるだけのことはあるね。
何かを教えること以外は私なんかより向いてるわ(笑)

帰って話を聞くと空は予想より楽だったと。
呼んだら来るし足元から離れないから、自分が動けば 着いて歩いてくれたらしい。

なるほどね。
慎重で人間に頼ってくれる子だから手の届く範囲に収まったので楽だったって事ね。
でも、落ちてる石や葉っぱをパクリ。
ま、これは しゃーないね。

空(くう)は呼んでも来なかったらしい。
他に興味がいってて自分が気になった事に対して動いてた。
でも思ってたほど物怖じはしなかったと。
やっぱりか。
冒険するほど自信はないけど自立心がありそうね。
コマンドに対して必ず動かしながら、じゃんじゃんいろんな事を経験させると面白い子になりそう。
人好きだしね。
トラックにはやはりびびったそうな。

そりゃそーだ、凄い音と風が襲ってくる感じがするものね。
こちらも同じく落ちてる石や葉っぱをパクリ。

パクリはダメ、外に慣れるまでは課題になりそうね。

過去ブログに何度か書いている内容になっちゃうけど、改めて パピーを迎えられた時のコツと、お散歩について書いておきますね。

迎えられたら とにかく名前を呼ぶ、呼びまくる!そして来たら褒めちぎる。
他に気がいってても来た時は特別に褒める、更にフードを2、3粒与える、を繰り返してください。
室内でもベランダや外でも。

構う時は まずここからです。
黙って触るのは勿体無いです、褒めるチャンスですから、褒めてやれる機会をつくってやって下さい。
名前を呼ぶ、来たら褒める、を日常生活の中で意識してみて下さいね。

この時フードは極力見せないで、持ってないふりして下さい(できれば他に気がいってても、フードでつらなくても来させることが理想なので)
いつでも直ぐに対応できるようにポケットにフードと音が鳴るおもちゃ(ボール)を忍ばせておくと便利です。
ウエストポーチでもエプロンでも構いません。
1日分の ご褒美に使うフードは、1日分のご飯の量から減らして下さい。

呼んでも来ない時のコツは、とにかく気を引く事です。
他に気がいってるから来ない訳ですから、こちらが動きながら呼ぶとか、ピーピーボールを鳴らしながら呼ぶとか、騒ぐとか(笑)どうやったら気をこちらに向けられるか考えて工夫してみて下さい。
こっちの方が魅力があれば必ず来ます。
パピーは単純ですから。
この単純なやり方が通用する月例のうちに(←ここ大事) こちらが先に 操り方を上手になっておくことをお勧めします。
そうしないと直ぐにママの方が操られてしまいます(笑)
この子達の洞察力は半端ないですからね。
こう動いたら次はこう動く、なんて事も直ぐに読むようになります。
知らぬうちに操られてしまいます。
気がつかない方が大半なのです、自分の癖を(笑)私もですけど(^_^;)

そのうちご褒美や褒めなどでは通用しない時期が来ます(子供と大人の境目あたりの時期に)
だからこそ、その時までに ↑の事をしておかないと、その時期が来た時に効く教え方や、やり方ができませんので 、結果的に かなり遠回りしてしまうことになります。
体が大きくなって0から教えるのはキツイですから。

パピーだと 音で気付かせる、気を引くやり方は簡単ですよね。
視野も大人に比べで まだ狭いですから。
大人になればなるほど操るのは簡単ではなくなります。
人間の子供もそーでしょ(笑)

洗脳しやすい時期に頑張って続ける事で育児がスムーズになるので、よりワンライフが楽しめます。

ん~ 文章で通じるかなー?
来ない時は名前を呼んで「来い」を言いながら、片手でピーピーボールを見せ鳴らしながら、気をこちらに向けてリードでチョンチョンと引き寄せる感じです。
必ず覚えて欲しいコマンドは、その行動をしている時に言い続けます。
そうする事で行動と言葉を関連させるのです。
ワンコは こうして何でも行動と言葉を関連させる事で、その言葉を覚えていきます。

呼ばれたら自分からママの所へ戻るという行動を繰り返す事で、言葉への理解が深まります。

教える時は相手がメリットを感じるために、分かりやすく褒美を使いますが、大きくなって習慣にもっていけば褒美は必要ありません。
徐々に抜いていって下さい。

⚫︎日常的な行動を覚えたら褒美は抜いていくようにして下さいね、そうしないとワンコに対していちいち何するにも期待をもたせてしまいますから。
その分互いに気持ちも忙しくなって行きます。
あげないと申し訳ない気持ちが出てきます(笑)

成長の段階に合わせて、こちらの対応も進歩しなければいけません。
ステップアップを心がけて、いつまでも同じやり方にならないように考えないとですね。
ワンコだって飽きますしね。
それに ご褒美を持っていないと動かない子になったりする事もあるかも知れませんから。

知り合いのワンコにいたんです、オヤツがないと言う事を聞かない子が(笑)←かなりの大人犬。

例えばですが散歩から帰って足を洗って拭くのに、最初は大人しく拭かせる事を教えるから褒美を使っても構いませんが最終的には 日常的ですので当然だと思わせるのです。
後は言葉の褒めだけで十分です。
トイレも同じです。
パピーのうちはトイレが成功したり、コマンドで できたりしたら分かりやすく褒め言葉と一緒に褒美をあげても、成功率が上がり自然とやるようになれば褒美は必要ないですよね、
なかなか動かなくなったシニアは別ですが。

お散歩デビューしたらドックランなどで いきなりフリーにせず、まずは呼び戻しの練習を徹底して下さいね。
ここを飛ばすと後々エライ目にあいますから(笑)
はしゃく姿を見てるだけなのは楽です。
幸せな気持ちになります。
でも、今から楽を選ぶと後悔します。
コントロールできないワンコが出来上がりますから💧

好き勝手 自分が行きたいところへ引っ張って散歩するようになります。
ある程度大きくなってコマンドも聞けて、ママへの意識が強くなるまでは、散歩は愛犬の後ろをついて行く、のではなくて ついて来させるという事を意識して下さいね。
先々行きたがる子はママは止まって、戻ってくるのを待ったり、呼びながら逆方向へ進んだりして下さいね。
ワンコは本来群れる動物です。
群れというのは この子達にとって人間の家族を意味します。

群れの中で生きる動物は必ずリーダーを意識して動きます、それはリーダーが強くて頼れる存在だからです。
社会に出たばかりの子供ですからね、ちゃんとその事を教えてあげないといけません。

ママやパパが愛犬から頼られる存在になってくれる事を応援してしてます(*^^*)
一匹狼にしてしまうと頼れる存在がいないと判断して、ワンコはどんどん強くなっていきますから。

そんな必要はないんだよ、安心して過ごしてねって気持ちを持つには、愛犬から自分よりも強くて頼もしい、信頼できると思ってもらわないといけません。
愛犬から尊敬されないと、何かと問題も出てきます。

ここで誤解がないようにお願いします。
私の言う強さというのは力ではありません。
決めた事を曲げないというか、駆け引きに負けないというか、芯の強さの事です。
力で犬はコントロールできません。
心ある動物ですから。

何でも習慣にもっていくには地道にコツコツですね。
偉そうに こんな事を書きながら私自身に言い聞かせてるんです(笑)お許しを。

口で言うのは 簡単です。
面倒くさかったり、忙しいを言い訳にしてしまう時がありますものね(^_^;)


話を戻してと。

空羽は やはり1番物怖じしなかったようです。
なのでカートは置いてきたと。
地面もそんなにクンクンしなかったと。
ちょうど私がみんなを連れて外にいたので、美羽を連れて行くと「ママだぁ」と美羽に着いてスタスタ歩けました。
でも、1番何考えてるか分からないと。

あら、私と同じこと言ってる(笑)
まだ表情の変化が少ないんだよね。

怖いのか?平気なのか?
表情や態度や尻尾で読むのですが、空羽はホント分かりづらいです(^_^;)

空羽の取扱説明書、早く習得しなければ(笑)



ポチッとお願いします
犬ブログ ゴールデンレトリバーへ

動画アップしてます
YouTube



ポチッとお願いします
犬ブログ ゴールデンレトリバーへ

動画アップしてます
YouTube



ポチッとお願いします
犬ブログ ゴールデンレトリバーへ

動画アップしてます
YouTube
関連記事