FC2ブログ

Article

                   
        

秀たんの血筋

category - 携帯から
2014/ 09/ 15
                 





写真は全部 秀です。


排卵が近付くと益々遊ばせる場所や時間に気を遣う。

考えることも、やることも多くて慌ただしく毎日が過ぎてます。

寝る前、今日も1日早かったなーって。

ヒートが始まってからは他のワンコがいない時を狙い、秀ひとりだけ車に積んでグランドで行くことが増えた。

取りに行きまっせー!の意欲ムンムンな姿を見てると、この子はガンドックにとことん向いてるなーって思う。


アトエで待てをかけている時のワクワクは、こちらまで凄く伝わって来るのです。


待てかけてる時にボールを投げるんだけど、その時の集中は半端なく100%か!ってくらいガン見です。

だから合間に脚側行進などやると、言わずともアイコンタクトを勝手にする子です。

ヨシ!のコマンドをワクワクしながら待つ秀。

ヨシ!で超ダッシュ!!!
めちゃんこ早い(笑)

ターゲットをゲットしに行く時も、回収して私に届ける時も、こやつは本能に満たされてるなーって感じ。

褒められた時の喜びなんてのは彼女にとって最高の喜びなんだろうなって思える。

全ての作業を心から楽しんでいるのが分かる。

表情は最高に生き生き!
鼻も膨らみます。
レトリーブしてる時、まわりは全く関係なくなり、ふたりの世界になれる。

この子、イイもん持ってるなーって毎回思う母なのです。

何かを教える時もオヤツよりボール派なので経済的だし。
なんて親孝行なのでしょう(笑)

これといってレトリーブを教えた!って感じがしないまま、気かつけばこーなってたって子なので、ボール欲を引き出して開花させた感もありません。

きっと血筋なのでしょうね。
それをスパンキーが強烈に受け継いでるようです(笑)

難しいとされるダンベル持来も、本犬の意欲で気が付けば出来てるって感じでした。

あとは競技としての細かい動きを後から教えたくらいです。
強制は入れずとも できちゃう子はいるんですねぇ。

狩猟犬の血、恐るべし。


家では いるのか いないなか 分からないくらい静かなのに、この豹変ぶりは お見事!としか言えない。


それを生かしてやる事ができてない事に時々ムズムズします。

秀、申し訳ないね。


交配したら過度の運動は数日避けなくちゃだから、この顔もしばらく見れなくなる。

たった数日でもお預け期間は凄く長く感じる。
ランキングに参加してます♪→犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
関連記事