FC2ブログ

子犬のお手入れ

子犬からお手入れする事に慣らすと、その後の長い犬生がとても楽になります。

嫌い・怖いの感情を抱く前に、好き・嬉しいの感情を持たせてあげられるなら
それにこしたことはないですね。

手入れだけではなく何かをされる事に慣れてる子は、病院の診察もスムーズに終わりますし。
知らない人との接触でも緊張しない子になります。
何より愛犬に苦を感じさせないですむのが良いですね。

子犬の手入れが出来ない、ジッとしてくれない、噛んでくる、、、
よくあるパターンの相談です。

良い経験から入ることが大切ですね。
そして無理しないこと。

手入れ、訓練ごっこ、トイレの躾け、、、何でもそうですが、叱る・怒りながらやるのはダブーです。
犬だって気分悪くなります。


最初は爪切りでも無理せず1本の爪を切ったらフード1粒お口へポイ。
褒めとご褒美で慣らせました。(ジョイの月齢の場合)
同時に待てや我慢を普段からやることで、「じっとしてればいいんだ」って直ぐに覚えます。

積極的に「して~」って なってくれると可愛さ爆発ですよね(^^)
やる方も苦になりませんから、伸びたなって気が付いた時点でやる気を持たせてくれます。
嫌がる子だとこちらも面倒になりますからね^^;<多忙なもので。

苦を感じさせないのもやり方次第です。
洗脳と習慣ですね(^^)

先に嫌な経験をしちゃった子、怖いって思っちゃった子は、何に関しても直すのに時間がかかります。
ですので頭真っ白な子犬のうちから、先に良い経験を(^^♪


9頭中、1番じっとしてなかったジョイでも、こうしてお手入れができるようになりました♪
成長って素晴らしいですね(^^)



ランキングに参加してます♪→犬ブログ ゴールデンレトリバーへ

関連記事