FC2ブログ

Article

                   
        

釣り針

category - 携帯から
2013/ 06/ 07
                 


1週間前の話になりますが、、、

愛ちゃんが優コリン幸たんテリーを連れて河原の散歩から帰った時のこと。

幸たんの右耳の付け根から糸がビロ~ンって。

ん?ゴミ?と思った愛ちゃん。
引っ張ってみたが取れず、エッ!なになに?って糸をたどったらしい。

すると釣り針がしっかり皮膚に入ってたって(>_<)

帰るや否や「姉ちゃんゴメン!幸がね、、、」って。

しょうがないよね。

ゴロゴロした幸も運が悪かったね(;_;)

しっかし釣り針を平気にそこらに捨てる人ってどぉ?(;`皿´)

これが人間の子達だったら…

きっと問題になるよね。
釣り禁止とか、釣り針捨てるな!などの看板が立つはず。。。

よく落ちてるんです釣りシーズンになると。

初代の子は肉球の間に刺さった事がありました。
しかも錆びたやつ。

釣りしてる場所は気を付けないと。


ニコニコで帰って来た幸たん、我が身に何が起こってるのか知りもせず。

笑っちゃいけない出来事なんだけど、ニコニコしてる幸たんの頭部から糸がビロ~ンって…

何だか可笑しくて、、、
笑ってしまいました。

ごめん、幸たん。
ヒドイ母だね(^_^;)


せっかく楽しい思いをして満足顔で帰って来たのに、病院行くのはヤだよね~…


母さんもヤだ。

だって毛をザックリ剃り鎮静かけて処置するんだろうな~って想像したから。

ハゲ頭かぁ~
想像しただけでヤダヤダってなりました。

幸たんに「男だから我慢できるね、母さんがやる方がいいじゃろ?」って。

んな事言っても本犬はなんのこっちゃって顔してたけど。


母を信頼し身を任せてくれる子だから、うん!大丈夫。

病院は止めました。

気を紛らわすため大きなガムをタカに持っててもらいカミカミ、その間に愛ちゃんに頭蓋骨を保定してもらい、母は刺さった釣り針を更に差し込みました(返しがあるので抜けない)

痛いもんだからガム噛むのを止めて動きが止まった幸たん。

「気のせい、気のせいよ、、、」と声をかけつつ自然に振る舞う母。

ズリズリすると余計に痛いだろうから、カミカミしてる瞬間一気に力を入れて皮膚から針を出しました。

予想以上に皮膚が厚くて結構力を使いました。

針の先をペンチで摘み、糸が付いてる反対側の針をベンチでカット。

あとは引っこ抜いて酸性水でゴシゴシ。

釣り針ってU型になってて先に返しが付いてるから、このやり方じゃないと抜けないのです(∋_∈)


痛いのによく我慢してくれました。

身を預けてじっとしてくれるから出来るんだよね。

たまらんな~って思う度に愛おしい気持ちが倍増します。


うちの子達はホントみな可愛い~、親バカですみません(≧∇≦)



ランキングに参加してます♪→犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
関連記事