FC2ブログ

Article

                   
        

育ててる環境

category - 携帯から
2013/ 05/ 09
                 





見学に行きたいけど日程が合わず行けない。(仕事上、土日祝のみで申し訳ないですm(_ _)m

子犬達の育った環境が見たい。

そのような方々のためにも普段の様子や、育ってる環境を公開して来ました。

子犬達の成長は早いので多忙ですが、できる限り愛情と手をかけています。


有り難いことに全頭元気に育ち、6週目を迎えました。

兄弟姉妹達と離れる準備として1週間前から、時々3頭づつ、2頭づつと分けて来ました。

まだまだみんなと一緒に過ごす時間は長いですが、今日からはひとりでいられる時間も少しづつ儲けて行きます。

依存し過ぎると寂しくて出してって吠えるようになります。

なのでひとり遊びができると不安が紛れるのでいいですね。

紐でおもちゃをくくっておくと、ひとりで引っ張りっこもできます。


人間社会で楽しく暮らして行ける子に育てるには、あらゆる場面で我慢は必要になります。

ワガママを通すことなく諦めの早い子に育てると楽です。


要求されて構うのではなく、遊んであげられる時に名前を呼んで来たらしっかり遊んであげて下さい。
その時は必ず良い子だね~可愛い~ね~って愛撫してやって下さい。

「名前を呼ばれたら飛んで来る」は早い段階から日常的に行っておくと、呼び戻しがきかなくなる時期が来ても修正しやすいです。

できるだけ名前を呼んであげて下さい。


子犬はまだ疲れやすいので直ぐにコトンと寝てしまいますから、15分もあれば満足してくれます。

愛情不足や暇だとシートやタオルをかじったりするようになりますから、ひとり時間を楽しく過ごさせるためにおもちゃやカミカミグッズは必需品です。

飽きさせないようにおもちゃも日替わりで変えると良いですね。


サークルの中にグリーンのマット(人工芝すのこ)を敷き、その上にタオルを敷いています。
これは足元が滑らないので好きです。

オシッコを失敗しても下に落ちますし通気性も良いのでオススメです。
洗えますし直ぐ乾きます。

大人になっても車などにバリケンを設置される場合は、このグリーンマットは良いと感じています。
足に付いた砂や汚れが下に落ちるので毛が汚れませんから。
クッション性もあるので肘ダコ防止にもなります。


車はなるべく子犬の頃から乗せて下さい。
まだ三半規管が不安定なので慣れるまではキュンキュン泣くかもしれません。
苦痛なく慣らすために、バリケンに食べきれないサイズの大きなガムや夢中になれるカミカミグッズなど入れて下さい。
酔い止めにもなります。


今のところグリーンマットをかじる子は居ませんが、もしかじるようになったらビターアップルを試されると良いかも。


ハウストレーニングの準備も完了しました。

7週目にワクチンとマイクロチップ、健康診断、便検査を行うので、その数日前から始めます。

中には空輸の子がいるのでバリケンに入れて車移動の経験もさせます。

空輸は大きな音、揺れ、暗闇で不安になりますから。



ランキングに参加してます♪→犬ブログ ゴールデンレトリバーへ

関連記事