FC2ブログ

Article

                   
        

生後30日(4月27日)

category - 携帯から
2013/ 04/ 28
                 


肩が開かないように、足元がしっかり踏ん張れるよう離乳食時は滑り止めシートの上で食べさせてます。



土曜日は女の子の1番予約の方が、遠くからいらして下さいました。

ピンクちゃんに決まりました。
どうもありがとうございましたm(_ _)m


今日は他にもたくさんのワン友さんがいらして下さいました。

差し入れありがたかったです(T_T)

哺乳瓶でミルクをあげたり、体を拭いてくれたり(毎日シャワーで顔や手足やお尻をすすいで洗われることや拭くことに慣らしてます)を手伝って頂き助かりましたm(_ _)m


私が子犬達のために色々手を尽くしてる様子を見たり、話を聞かれると「そこまでするの!?」って何度も驚かれてた(笑)

しますよ~(^O^)

少しでも扱いやすく育てて可愛がってもらいたいから。

幸せを願うとやらずにはいられません。

大型犬はただ可愛いだけじゃ飼えないですからね。

子犬達の両親犬は遺伝性疾患の検査がクリアーしているので、その点に関しても安心感が得られてます。

オーナー様の為、子犬達の将来の為、いゃそれ以上に私の為なんですね。

不安がある子は手放せないですし、胃にたくさん穴が開くと思いますから。


子犬達はみんな元気に30日を迎えたので、パピーペンに移し外の音(車やバイクや人の声)を聞かせることを始めました。

生活音はテレビ、掃除機、食器を洗う時の音、ドライヤーなど日々聞き慣らしています。

これは巣立った後も続けて欲しいです。

子犬だから静かに寝かせなきゃって考えないで下さいね。

どんな状況でも寝たり食べたり遊んだりできる子は、心が強くなります。

室内温度以外は人間の都合に合わせて結構です。

散歩も飼い主さんが行きたい所に行く、それに犬が着いて来る。

ご飯やおやつもあげたい時にあげる。

主導権をしっかり握って下さいね。

そうしないと要求するようになりますから。

我慢させる事は子犬の頃から始めて下さいね。


許容範囲内が広い子は扱いやすく、ストレスにも強くなりますから穏やかな子になります。

特別な事をしなくても、同じ事をする中で手順を変えるだけで大きな差がでます。



ランキングに参加してます♪→犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
関連記事