FC2ブログ
   

2018年01月18日

              
        

自撮り

category - 日記
2018/ 01/ 18
                 















幸隆がソファーでくっついて寝てる姿が可愛かった。

なんとか母ちゃんも ここに入って写りたいと思ってしまい自撮りしてみることに。

カメラを向けたりシャッター音がするとポーズをとりたがる我が子達なので、自然な姿を撮るときはバレないようにそーっと、、、
見てないふりして撮らないといけない。

あ、既にバレた💧
起きちゃった。
隆ちんは目が半開き(笑)

起きるとキスをしたがる坊ちゃん。

その瞬間が偶然にも撮れてた(笑)

母ちゃんの顔面は そんなに上手いか?というくらい、隆と美羽の舐め方は特にエゲツない。
直ぐに服で顔面を覆うんだけどグイグイくる。

美羽は赤ちゃんのシモの掃除をするみたいに舐め回す、、、
隆ちんは食後のママの口周りについてるご飯を舐め回すように、、、

私を犬だと思ってないか?(笑)

やめれー!とは言うものの、私が嫌だから本気で言ってるのか、言ってないのか、は お見通しらしい。

話は変わって、さっき妹の彼氏から電話があった。
「◯◯ネエ、玄関の鍵をかけてください!」と。

「どしたん?」

どうやら近所で 先ほど殺人事件があったらしい。

か、可愛い〜〜〜

それ聞いて最初に思ったこと。

なんて優しくて可愛いーのだろう。

こんな私を、ちゃんと女性だと思って気遣ってくれているのか。
そーじゃなきゃ電話してこないもんね。

長女だからか、一見強そうに見えるガタイだからか、何があっても身内からは心配されることのない私。

雑草女のように、ほっといても大丈夫と思われているらしい。

だから余計に電話が嬉しかった。
すぐさまタカにLINEしてやった!
彼の優しさを見せつけてやった(笑)


こんな大型犬がゴロゴロおる犬屋敷に、誰が入って来ようか、、、
金目のものも一切ない魅力のない家
ましてや女といってもガタイのいい中年オバハン、全く色気のない格好して犬臭だだよう犬達と一緒に噛み付いてきそうな犬オバハンがただひとりいるだけ。

誰もこんなところを狙って来る人はいない。

そんなこと分かってるはずなのに。

「◯◯ネエでも一応心配になって!」と。

ウォーーーン(T . T)ありがたや〜〜〜

今夜も何か作ったる(笑)

昔から恐怖感には鈍い方で、平和ボケというか、若い頃都会で一人暮らししていた頃も怖いと思った事は一度もなかった。
夜道を1人で歩いて帰ってた頃も、万が一の事は想像して、襲われそうになる前に気付いてやる!と神経だけは周りに向けて歩いてた。

その時が来たら先に股間を蹴り上げて、玉が潰れるくらい打撃を与え続け、完全に動けないようにするには、どーやって向かって行けばいいのか、どのくらい蹴り上げればいいのかをイメトレしながら真っ暗な道を歩いて帰ってた。

若さゆえの考え方だった。
男に勝てる唯一の方法はこれしかないと。

毎日乗ってた満員電車、都会は痴漢が多いと聞いていたので「来るなら来い!とっ捕まえて人生ぶち壊してやる!2度と痴漢などできないようにしてやる!」と、少しワクワクしながら待つように乗ってたのを思い出した。

20年以上前のこと、ふと思い出すなんてね。

泣き寝入りしてる女の子達に変わって、自分が少しでも力になれたならと。
というのもバイトの女の子が痴漢にあって泣きながら来たことがあったから。

当時の私は彼女に言った。
痴漢にあったらラッキーだと思え!と。
彼女は「えっ!?」って顔して泣き止んだ。

相手によってはお金でカタをつけたいと思う人もおるから、絶対に逃げずに捕まえろと。
捕まえるのが怖かったら叫べと。
それは宝くじが当たる確率より高いことだからチャンスだと思えと。
チャンスは逃すなと。

ものは考え方で自分を変えることができることを彼女に話したのを思い出した。
あれだけ泣いていた彼女、最後は笑いまくってた。

トラウマにならなくて良かった。

当時に比べたら自分も かなり丸くなって弱くなったけど、元々泣き寝入りするような性格ではなかったらしい。

内に秘める考え方より吐き出せる考え方の方が、体に影響するストレスが少ないことを若い頃から知っていたように思う。

だからストレートに表現して来るゴルという犬種と過ごす生活がマッチしたのかも知れない。
彼らは物凄く分かりやすいし、裏がないから当時強がりだった私でも素直に付き合えた。

初代の子が、若かった当時の自分を大きく成長させてくれたように思う。
21歳で何も知らずに飼っちゃったからね(^_^;)

今の自分がいるのも25年前に初代の子と出会えたからだ。

ありがとう正。

あ、年がバレるな(笑)
                         
                                  
        

フカフカ芝生 幸秀

category - 日記
2018/ 01/ 18
                 















やっと天気も体調も⤴︎になった。

いやぁ、ずっと缶詰だと さすがに息が詰まるねー!

しかも、こっちって 温度が高い!

家は超寒いので、そのまま出かけたんだけど市内に近付くにつれ暑くなり、ダウンを脱ぎ、トレーナーを脱ぎ、終いには下着のヒートテックまで脱いだ。

安心してください、裸じゃないですよ(笑)

久々に外の空気を吸ったみたいに気持ちよかった〜♪


                         
                                  
        

フカフカ芝生 隆ちん

category - 日記
2018/ 01/ 18
                 




















久々の☀️だったので全員連れて出た。

幸秀の次は隆ちん。

ちょうど小型犬が集まってて、刺激ある中で練習できてラッキーだった!

10分程度の練習でも、この環境での練習は居座だけでも本当に良い経験だ。

ちょいちょい邪魔しに来てくれるしね〜(笑)
                         
                                  
        

フカフカ芝生 美羽、空羽

category - 日記
2018/ 01/ 18
                 




















隆ちんの次は美羽、空羽。

いゃ〜 ほんとっ気持ちがいい日だった〜♪
外で汗かいたの久々!!

競技会申し込んでから、なかなか練習できなかったのもあって、やりたいこと盛りだくさんで母ちゃん張り切っちゃった。

今日一番動きが良くて集中してくれたのが美羽。
細かい事は抜きにして意欲が素晴らしかった。

空羽は んん〜〜〜
社会化不足をモロに感じた。
いくら覚えが良くても心がついて来ないと、本番では無理だな〜、良さが出せないや。

たった3ヶ月、外の世界と触れ合わなかっただけなのにねー。
ヤバ、しっかり連れ回さないとだわ。
正直スペシャル出すの こぇ〜!
大変なことになりそうな予感がして笑えてきた・・・笑

美羽で申し込めば良かったかも〜

隆ちんは若いわりに誘惑に負けず母ちゃんの言うことを聞いて👏だった。


ただね〜、5ワンいると最後に出した空羽を遊ばせて車に戻ると、1番に出した幸と秀が次よね!?って顔して目をキラキラさせとるし、隆ちんは次はボクちんー!って言うし、期待に答えていたら永遠に終わらんじゃんって感じなので、目を瞑ってドア閉めた(笑)