FC2ブログ
   

2017年12月04日

              
        

美羽と隆の写真

category - 日記
2017/ 12/ 04
                 

























昨日の美羽と隆ちんの写真がまだあったのでぺったん。

先生はお留守だったね。

美羽は母ちゃんが来ると分かるようになった。

土曜日行った時も美羽の声がし始めたのが直ぐに分かった、同じゴルでも声がそれぞれ違うから。

滅多に吠えない我が子達の声も分かる。
耳の衰えは目に比べると遅いらしい(笑)
鼻はダメだな、アレルギーもちだから使いものにならん。

そぅそぅ、昨日の隆ちんの試験。
行進中の伏せ、はじめて失敗した。
振り返ったら立っててビックリ(笑)
2声符になったのでチト大きめの減点(試験なりの)
でもいいの、この子 教えた時から1度も失敗したことなかったら、それ以上のこと教えられないでいて、早く失敗してくれる時期がくればいいのにって思ってたから、チャンスができて良かった。
競技会じゃなくて試験で良かった。

あと、動画を所長の奥様先生にお願いしたんだけど、隆ちんダンベルを拾い上げたら母ちゃんの所に行く前に奥様先生に見せに行った。
直ぐ呼んで来たけど、これも当然減点。
ま、撮影距離が近かったから隆的には悪気なしだったのだろう。
試験終わって2回やったけど、ちゃんと持って来たので今はこれでもOKとしよう。

おやつ無しで10科目引っ張れてホットした(笑)
集中もまぁまぁだった。
あ、これは他の飼い主さんが気をつかってくれて犬達をしまっててくれたからというのが大きいと思う。
私も本番まで隆ちん出さなかったから。

競技会では、こーはいかないのでどうなる事やら‪‪💦‬

試験は一応、優で合格を頂きました(96.8点)
これが競技会だったらポイントは危ういところだったと思う。

我が家はブリードの関係で競技会は行ける時が限られてるので、仕上げて出すなんてことしてたら いつになる事やら、なので 取り敢えず行ける時は行こう!やってみよう♪のノリ。

まだ犬若いのにー、とか言われる時もあるけど
楽しみ方はそれぞれ。
私は訓練士でもないし、先生についてお願いしている訳でもないので、そういうお決まりは一切なし。
実力なくても気軽にチャレンジして来た。
そして経験から学んで愛犬と共に成長するタイプなので、やってみないと答えが出せないタイプ。

訓練で上を目指そうとか、タイトルは目標にしてもトップになりたいとか、そういうのも正直これまで思ったことがない。

なんで?やってたら上に行きたくならない?と聞かれたこともあるけど、んんんーーー
ブリードやってなかったら、もしかしたらそういうのを目指す人生もあったのかも知れないねーと。

でも、そこまで長期に渡って同じ子で夢中になれるかは?
わたし気が多いから😅

上を目指す人は一般家庭犬で凄腕ハンドラーさんは沢山いらっしゃる。
そういう子達には ちゃんと立派な訓練士さんもついてる。

作り上げられた子達は無駄のない素晴らしい動きをするので、プロが影に見えるので分かる。

うちの子達は違う。
なんてったって母ちゃんが教えてるのでボロが沢山出るからねー。

でもそれも味があって いいんじゃないって、特に今の隆ちん見てると そぅ思う時がある。
ルンルンでついてくる姿見てると、動きが個性あって笑えてくるの。
やってる母ちゃんも時々吹き出してしまいそうになったりして自然と楽しくなる。

これが8年も続けられてきた秘訣なのかなーとも思える。
楽しくないと苦になるもんね。
だから細かいことは気にしない。
ざっくりでもいい、楽しめればそれでいい。

母ちゃんの訓練歴9年目に入ったので、要領もだいたい分かってきた。
ちったー進歩してると思う。
タカはそういうの全く言ってくれないけど(笑)

ワンコが変わればゼロからだけど、12頭目のゴル隆ちんと、こうしてCD2受けられたこと幸せに思う。
健康で過ごせてることに感謝してしまう。
まだ若いのに、でも本当に母ちゃんにとっては有難いの。

試験も競技会も濃い時間を共有していないと通じないことだから、母ちゃんにとっては繁殖のためだけに飼ってる訳じゃないという、分かりやすい証明にもなる。

手をかけて育ててる子は言葉も通じる、ちゃんと目も見る、表情も違うから直ぐ分かる。

早速、隆ちんのお里のママさんに報告しよっと(^^♪


                         
                                  
        

空羽の様子

category - 日記
2017/ 12/ 04
                 





昨夜から陰部を気にしてよく舐めてる。
陣痛は来てないけど今朝ハウスに入ってホリホリをした。

朝ごはんは完食。

体温は下がってるので近いのは確かだと思う。

朝から妹と連絡取り合ってるんだけど、もしかしたら自然分娩で行けるんじゃない?と。
もう少し様子を見たら?と。

今は丸まってコタツの横で寝てる。

夕方まで様子見ることになった。

んんんーーーモヤモヤするーーー


                         
                                  
        

病院

category - 日記
2017/ 12/ 04
                 





緑のオリモノが出たので病院来ました。
破水なのか、胎盤なのか、分からなくて。
エコーでは、まだ赤ちゃんは下りてなくて逆子状態。
陣痛促進剤1本目打ってもらっても全く変化なし。
2本目で破水、けど力む気配なし。

これから帝王切開してもらいます。

赤ちゃん、どうしても生かしたいので空羽に頑張って貰うことにしました。



                         
                                  
        

緊張

category - 日記
2017/ 12/ 04
                 
帝王切開って、こんなに緊張するもんだったとは\(ФДФ。)

あーーー ドキドキするーーー

心臓イタイ
                         
                                  
        

手術終わりました

category - 日記
2017/ 12/ 04
                 




























大きな男の子でした。
しかし息が返りませんでした。

正直、頭がまだぼーっとしてブログを書くのはキツいのですが、この子が生きていたことを無かったことにはしたくないし、見守っててくださってる方も沢山いらして下さったので、写真も載せてご報告することにしました。


いつかはこのような事を経験するだろう、と想像し覚悟してブリードはじめたのですが、想像以上にショックは大きいです。

今もまだ、数時間前まで生きていたのかと思うと胸がギューーーっとなって心臓がバグバクしてくる。

ギリギリまで手は尽くして来た。
何が間違っていたのだろう?と考えても答えは出てこない。

土曜日も病院でレントゲンとエコーでしっかり生きてるのを確認したのに。

たった2ヶ月で産まれるの!?と思うけど、2ヶ月間どれだけの神経をつかい、赤ちゃん優先に過ごしてきたか、空羽も大好きなボールレトリーブを我慢して、お出かけも我慢して、やりたいやりたいって言ってた訓練も休んで、いつも留守番して、母ちゃんを困らせるようなワガママも言わず……
我が家の暮らしで日々気をつけて過ごす2ヶ月って物凄く長いの。
犬舎飼いじゃないからね、他の子達とも常に一緒だから。

最後は痛い思いまでして頑張ってくれたのに。

これも運命だと受け止めなければならないのか、、、

キツい。

これまでのブリード、出産はトントン拍子に行き過ぎたのか、、、

今年は本当に我慢我慢の年だったような気がする。
見事な空振りで最後の希望のひとりまで、最後の最後に息絶えた。

人間は都合のいい生き物なので物事が上手く行かないと、直ぐに何かのせいや誰かのせいにしてしまう傾向があるよね。

我が家の場合ここへ引っ越してきてから、どんどん出産から遠のいたような気がする、、、

と、そぅ妹に言われた。

気のせいだよ。
たまたまだよ。

そう思わないと!
悪いように考えてもキリがないし。

最後の幸たんの子供って思うと、また泣けてくるので、もぅそういう考えもやめよう。

運命だと思うしかない。

長い間 男の子をお待ちくださっていたKさま、本当に申し訳ありませんでしたm(_ _)m

空羽には見せたくなかったので先に赤ちゃんを連れて帰ったんだけど、幸たんがやたらと見せて!見せて!と凄くて。

どーした!?って思うほど喜んじゃってて。
これまでにないくらい赤ちゃん見せろと。
(TT)やめてくれ、、、

ケースに入れてテーブルの上に置いてたらピョンピョン跳ねながら覗き込んでるし。

幸たんニコニコして喜んでるの見てると、また胸がギューーーー

こめん、絶対に生かすって約束したのにね(TT)

幸のはしゃぐ姿見てたら胃までキリキリしてきた。

これから空羽をしっかりケアしてあげないと。
母ちゃんの凹んでる顔なんて見せたら空羽までショック大きいよね。
初産だから、まだこれですんでるのかも?
これが秀だったら赤ちゃん!赤ちゃんはどこー?って、大変だっただろうな。

しかし、辛い。
爪もしっかり伸びてて、小さな手を握っても冷たいのは本当にキツい。

触らなければ寝てるみたいだ。