04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

ゴールデンユートピアJP デイリーライフV

愛犬ゴールデンレトリーバーの日常・出産・育児・訓練などの記録♪

空の指 


























昨日の夕方ボールレトリーブして休憩させるため一旦部屋に入り、水のボトルを入れ替えてランに戻るとデッキの下の土に血の跡がいっぱいあった(@_@)

何事!?

ボールと一緒に 舌か唇でも噛んだか?
美羽 また手根球がズル剥けちゃったか?

一声で一斉に群がって来た。

一目で血の出所は空だと分かった。

速攻オゾン水で血を流し、どこが切れてるのか隈なくテェック。

空は痛がる事もなく素直にされるがままだった。
痛がらないのが不思議だった。

言う事を聞いてくれるって、こんなとき本当に助かるなーと、改めて思った。

集中して見られる、早く対応できると本当に助かるね。

結局どこも切れておらず爪と皮膚の間から血が吹き出てた事が分かった。
人間の手に例えると人差し指の爪。

指を挫いたのか?
折れてたら痛がるだろうし、腫れるしな〜。

歩き方も普通なので しばらく安静で様子を見ることに。

寝る前「シッコしよ!」の掛け声で みんな集まってくるのに、空だけ来なかった。
空の名前を呼ぶと心持ち表情が暗く仕方なさそうにノコノコ歩いて来た。

やっぱり痛いのか?と思い、またテェック。
痛かったら痛いって言うんよって言いながら。
色々触ってみると指を根元から摘むと手を引いた。
他の触り方は嫌がらなかった。

んんんーーー やっぱり突き指かなー。

これなら病院行っても仕方ないしなー。
逆に あれこれして病院嫌いになると困るし。
私なら何されても嫌いにならないから、取り敢えず私にできることしよう。

血は止まったから一先ず安心。

ちょいちょいオゾン水で消毒して、爪の間にばい菌が入って化膿しないように気を付けなきゃ。

寝る前、おやすみ〜って言うと少しビッコしながら寝床の部屋に付いてきた。

あちゃー
ビッコしはじめたよ( ; ; )
後から痛みが来たんだね。

今週は安静に過ごさせよっと。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

隆ちんがソファーから飛び降りるのを楽しむようになって来たので、1個はデッキに出して2個はサークル囲って乗れないようにした。

迎えた時から こうしておけば良かったと反省。

隆ちん部屋も背の高いサークルがあまり意味ないので撤去。
下手に登って落ちたりなんかされても困るしと。

寝る時はボックスタイプのケージに入れることにした。

ハウスのコマンドを覚えた。
昨日の夜からコマンドで自分から入って行く。
ええ子や^ ^



category: 日記

cm --   tb --   page top

ターゲットは いつも美羽 


























寝てるところ毎回 襲われてる美羽。

隆ちんのターゲット💦

category: 日記

cm --   tb --   page top

ピラニアの歯 


























まだガッツリとピラニアの歯が揃ってる隆ちん。

美羽、痛いだろうな💧

category: 日記

cm --   tb --   page top

=?cp932?B?jKmCxILpgr6Cr4FggsyL84lI?= 


























美羽がやられてるのを見てるだけ〜の空羽。

そろそろ変わって あげたら?

category: 日記

cm --   tb --   page top

ターゲット変更 


























美羽に飽きたのか?自ずとターゲットを空羽に変更した隆ちん。

母ちゃんに寄り添ってボーッとしてた空羽の右耳を噛み噛みし始めたので写真を撮ることに。

空羽、無抵抗。

遊んでくれない事に面白くない!と思った隆は、次に空羽の右腕を噛み、気を引こうする。

空羽は顔の角度を変える事なくボーっとしたまま遠くを見つめてた。

なら!と次は左腕に噛み付いてみる隆。
この目、試しよる目をしとるよね(笑)
しかし空羽は またもや無抵抗。

隆、次の手は これならどーだ!と胸毛を噛んだまま ひっくり返った。

母ちゃんは どーなっても 知らねーぞー(笑)

恐らく空羽の表情は少し怒ってたと思うが同じく無抵抗だった。

凄い!
母ちゃん驚いた。
空羽は相手したくない時は無視を貫く女なんだと知った(笑)

空羽の後ろ姿、まるで赤ちゃんを相手に「はい、はい、はい」と、あやすママのようにも見えた。

リアクションオーバー気味でノリの良い美羽とはどエライ違いだ。
娘なのに完全に中身はゴッくんだ。

空羽の妙な落ち着きようが逆に怖くもある(笑)

訓練でも そー。
美羽をアゲるのは楽だけど、空羽は簡単ではない。
単純そうに見えて単純な手には乗ってこない時がある。
ある意味、気分屋なのかもしれない。

空羽は自己主張が強い方ではないので扱いはとても楽、本当に手のかからない子。
落ち着いてるというかクールな面がある。

しばらく訓練競技会に出る予定はないけど、室内で行進中の作業の練習をはじめた。
クールだけど なかなか良い感じ^ ^

練習は美羽の方が楽しんでるっぽい。
リアクションオーバーなので心も分かりやすくて母ちゃん笑うことが多い。
単純って最高!って思う場面が面白くてね。
あたし!あたし!の主張の強さが表現に出てる。

他の子とやってる時、待ってる時も美羽は落ち着きなくなるが空羽は大人しく待機してる。
ここからして全く違う。
母と娘なのにタイプが真逆。
共通してるところというのは、レトリーブに目覚めてからのレトリーブ魂の強さくらいかな。

幸は空気を読み自ら行動するので、自分の番ではない時はフリーにしてても少し離れたところで伏せて待ってる。

空も大人しくケージで待てるようになってる。
前は吠えて主張してたけど。
今では目の前でオヤツ放り投げながら楽しくやってても、伏せたまま じーっと柵越しから見ていられるようになってる。

習慣に持っていくのは最初は大変な時期がある、でも そこを乗り越えると互いに楽になれる。

隆も 同じように育てないとね〜。
母ちゃん婆ちゃんか!?と思うくらい甘々になってる時があるからね(^_^;

互いに楽しくストレスなく生活するためには、多頭飼いだと やらなくてはいけない事が多くなるので、つぃつぃ手抜きしがちだけど ここだけは!って所は ちゃんと意識して手抜きしないように気を付けよっと。

がんばらにゃーね^ ^

category: 日記

cm --   tb --   page top

幸たん 




























さっきの話の続き

空羽のクールな対応に諦めた隆。
今度は母ちゃんの股に飛び込んできた。

母ちゃんの左側には空羽がペタッ。
右側には美羽がペタッの状態だったので身動きできにゃい。

すると幸たんが鹿角咥えたまま、隆ちんにどけやって感じで母ちゃんの股に。

珍しいーーー!

幸って、何歳からかなー、私に遠慮してる部分があるというか、膝でも乗ってきてって言っても「恐れ多いですぅ」って顔だけ埋めてくる子。
手をかける事もしない。
無理やり乗せても「とんでもございません!」と直ぐにおりる。
律儀で謙虚なところが男らしいと感じる面でもある。
この態度は私に対してだけなの。
子供の頃は遠慮なしに飛び込んで来てたんだけどね。

だから何だか嬉しくなって、幸が飽きるまでグリグリしてやろって、頭蓋骨や肩、背骨のマッサージしながらニマニマ見てた。

隆ちんは さすがに幸には チョッカイ出せないので、仕方なさそうな顔しながら母ちゃんの右側で鹿角齧ってる美羽にターゲットを戻した(笑)



category: 日記

cm --   tb --   page top

美羽 


























さすがに鹿角ガジガジ夢中になってるので、隆ちんは無視される(笑)

category: 日記

cm --   tb --   page top

隆ちんの戦略 


























美羽の手を噛んでも相手にされず、考えた隆ちんは自分の手を噛んでみる(笑)



category: 日記

cm --   tb --   page top

諦めない隆ちん 


























相手にされないストレスからか、大きく背伸びしてた。
そして、たまたま手の先にあった幸の背中をホリホリ。

幸たん咄嗟に振り向き無言で隆を見た。
速攻止める隆(笑)

間違えた!と言わんばかりに母ちゃんのスリッパに当たってた。
こんにゃろーこんにゃろーって。

幼い、物凄く幼い(笑)

そして物凄く可愛い(笑)



category: 日記

cm --   tb --   page top

幸たんも 











幸たんも 物凄く可愛いー。
可愛いというより愛おしい。

みんな、なんで こんなに可愛くて愛おしいんだろう。
母ちゃんの子供達愛は止まらんと です。



category: 日記

cm --   tb --   page top

プロフィール