FC2ブログ
   

2016年08月18日

              
        

ご無沙汰

category - 日記
2016/ 08/ 18
                 










































































ここ3週間ぶっ続けで引っ越し先の内容工事や土木に明け暮れ、毎日ヨレヨレで夜帰宅のため更新超久しぶり。

と言うのも引越し先は電波が悪くて更に遠のいてしまってた。

ご心配ありがとうございます。
子供達は元気です(*^^*)

帰ってもやる事がいっぱいなので腰が悲鳴をあげ体の方がついてこず「あーーーもぅ10歳若ければ!」と悔しくなる日々。

子供達の散歩やご飯や手入れ、夜な夜な力尽きてバタン。

子供達も頑張って毎日長い長い留守番に耐えてくれているので、母ちゃんも頑張らないと!ってパワーを貰いながら、、、

1日でも早く終わらせて引越しできるようにと頑張ってるんだけど、、、
やる事が沢山ありすぎて次から次へとやる事が増えていってるような、、、

そこそこ手を抜き、そこそこ住める状態になればいっかーと、妥協せざる得ないと割り切ってはいるものの、こーしたらこーしなければとか、ここを今放っておくと この先こーなるとか、ここの線引きも難しく 予算との兼ね合いもあるので頭イタイ日々。

築100年近い家で おまけにゴミ屋敷だったため、手入れしてなかった畑や庭も凄かった。
何とか今では見れるようになって、着々と前進しているのは確かなんだけど、なぜにこんなにもやる事が多いのか、、、

タカも解体から加わり床工事から電気の配線、換気扇や排水溝、蛇口や外の土木仕事まで頑張ってる。
ほとんどの作業ができる人なので超忙しい。
当然盆休みは無しで毎日朝早くから夜遅くまで作業。
平日も仕事帰りに寄っては全身汗びしょ濡れで帰宅。
5kg痩せたらしい。

おかしいな、優良母も頑張ってるのに全く痩せないけど(^_^;)

早く子供達を連れて来たいので盆休みはトイレにする予定のデッキを仕上げるのを優先に働いた。
友達に安い材料で床を作ってもらい、そこに防水シートを張り、つなぎ目や隙間はマスキングしてコーキング。
流した水がランに浸透しないように、土木の友達にお願いして真下に流れるようにU字工事をお願いした、そして地面の段差で子供達が転げないようにタカに真砂土を3トンラックに10杯買いに行ってもらい、母ちゃんはユニックで残ってる木の根っこや大きな石をどかしたり、真砂土を広げたりと励んだ。
お父ちゃまもお母ちゃまも、よく手伝ってくれる。
有難い。

地面はアメリカンレーキで土を平らにして、仕上げはドドドドーと機械で固めて、、、
まだ狭いけど何とか2ヶ所ほど出せるペースができた。
ブロックついてもらい柵も少しできた。

土木作業って本当大変だなと💦
土から入れ替えなきゃなので、機械レンタルと土代だけでも凄い額になる。


砂壁はダニの住処になると聞いて鳥肌が。
はげたところはモルタルで補修し、その上からシーラーを塗り塗り。
部屋のほとんどの壁が砂壁なので、本当に厄介な家だ。
柱もボロボロで隙間だらけだし。
最終的には柱も防腐剤塗って隙間は全部コーキングしちゃえって感じ。

先に床を仕上げてもらったもんだから、その都度汚れないようにシートを貼ってマスキングテープしてる、その作業だけでもこの暑さの中はこたえる。

砂壁は呼吸するから古い時代の頃は湿度管理しやすく、埃なども吸ってくれて断熱効果もあってと重宝したのだろうけど、機械が発達している現代では不要になってきた砂壁。

砂壁は嫌いだ、ボロボロ落ちるし小さな穴がダニの住処になるなんて気持ち悪くて。
埃も砂壁に積もるだけで外に排出する訳じゃないから、アレルギー持ちとしてはサッと拭ける壁の方がいい。
後は性能の良い空気清浄機と掃除機でクリーンな空間になる訳だし。

古いから少し当たっただけで落ちるのでイライラが募る。

シーラーは まだ半分しか塗れてないけど、後からパネルを張りたいので2度塗りくらいしておかないとと言われてる。
じゃなきゃ壁が砂壁ごと剥げ落ちちゃうかもよって。

そりゃ困る。
なのでまだまだ家具を運べる段階ではない。
室内ランにしようと予定していた大きな蔵も、友達が忙しくて正月まで時間とれないと。

部屋の段差が嫌いなので普段生活する1階はできるだけ段差を無くしてもらった。
元々天井が低いもんだから、柱と頭がスレスレの場所が数ヶ所。

170cm以上の人は住めない家の作りになってしまった💧
ゴンゴン頭打ちまくりの家が出来上がった。
あり得ない家つくり(笑)
今の家の天井が高いので、余計に低く感じる。
天井が低いと圧迫感があったので、いくつもあった小さな部屋もくっつけてもらった。
だいたい扉もあまり好きではない。
子供達が自由に行き来できるようカーテンで仕切る事が多かったから。
古い造りの家の扉は全部木枠の中はガラスなので割れたら怖いし。
ふすまは破れたら面倒くさいし。

時代の流れか。
現代の家は長持ち素材に手入れ不要、掃除も簡単で手間いらず、楽だなと。
古い家ほど手間がかかる。

見た目は古風な感じで落ち着くかも知れないけど、瓦補修や漆喰補修など、なんでこんな事までしなくちゃいけないのか?ってヤケクソになる。

自分て、いつの時代の人なのだろうって。
専門の職人さんも減ってるから、いちいち呼べないし(その前に高くつくので無理)

それじゃなくても全体的に職人さんが減ってて、若い子達が育たないと嘆いてた。
だから内装屋の友達、いろんな職種の友達がいるけどみんな引っ張りだこ。
半年先まで仕事が詰まってて動けないところ、貴重な休みを割いて来てもらってる。
有難いm(__)m