FC2ブログ
   

2015年10月26日

              
        

category - 携帯から
2015/ 10/ 26
                 
































iPhoneから送信
                         
                                  
        

訓練競技会 凌 オビディエンス1

category - 携帯から
2015/ 10/ 26
                 























































凌、オビディエンス1の合格&メジャーカード取得しました。(4席入賞)

プロに混じってのオビディエンス競技は、またCDとは雰囲気が違う。
基準が徹底されてるので厳しく、1課目の減点も0.5点刻みなので緊張感が漂ってる。
失敗は0点で5点以下も0点になる。
前回オビデビューの時、前進課目で凌は勢いよく発進したものの 草むらだったのもあり、ターゲットのリードを見失い(草むらにうもってしまっていた)コーンとコーンの間で伏せた。
しかし体がコーンの内側(四角形)ではなく外側だったので0点だった。

コーンも普段練習しているのと比べて半分のサイズで小さかったのもあり、草むらからコーンが出てるのは10cmもなかった。

こういう事もあるんだ、と驚いたので翌日から練習方法を変えて、リードの上で伏せるを徹底した。

各課目の得点が3~4倍と倍率されて総合点が出るので、0点が出るとアウト。
(総合得点の80%以上がメジャーカード、試験は70%以上)


オビのエントリー数は着々と増えている。

凌はオビ1の6番目だった。
それでも出陳時間は12時を回ってた。

お昼休憩なしのオビの審査員さんやアテンドさんが気の毒になった。
日中は日差しが暑く、朝一の団体競技の休止と違って半袖でも汗だく。
朝と昼の温度差が凄かった。

オビディエンス1はオビの中で最もエントリー数が多い。
今回はヒートの子もいたので得点が張り出されたのは、その子の競技が終わって直ぐの4時半過ぎだった。

深夜3時に出てるのでキツかった。

オビディエンス競技はリンクを2つにできないのだろうか、、、
オビビギナー1、2の競技が増えたのもあって、オビ1、2、3も同じリンクだと他の競技との進行バランスが悪すぎる。
オビ3にもなると競技時間も長いので、いつもオビ待ちで表彰式が大幅に遅くなってる。

今回は決定戦も表彰式もなし。
審査員さん方もお疲れで、全ての競技が終わるとさっさとお帰りになられてた。
我が家はオビ1だから、まだマシだけど、2や3に出てる人やワンコは大変だなと。

合格用紙などもらっていたら会場を出れたのは5時前だった。


実は水曜日から調子が悪く、気持ちも向かなかったので練習は中止していた、競技会には行かないつもりでいた。

前日の夕方 、タカに「どうする?」と聞かれ「この状態では、とても行けない、自信ない」と答えた。

「家にいても仕方ない、○○ちゃんは何かをしてないと、もっとダメになる」と言われ、タカの行動に反対することもなく言われるがままに付いて来た感じだった。

今の私にはパワーがない。
凌を引っ張って行く自信もなかったので、無心になり他の事は考えないようにした。

こんな母ちゃんに付いて来てくれた凌に心打たれた。

生きていると苦しい事の方が多いけど、子供達のおかげで立ち止まらずに進めて来れた。

今を生きてる子供達のために全てを捧げる覚悟だけはある。

子供達の数だけパワーの源が多いということは、今もきっと乗り越えられるよね。

そう思うしかない。



iPhoneから送信
                         
                                  
        

幸と秀

category - 携帯から
2015/ 10/ 26
                 












秀の お腹が膨らんできた。

頼むから あまり勢いよく走らないで おくれ、、、

チンチンもしなくていいから、、、

iPhoneから送信
                         
                                  
        

美羽も順調です

category - 携帯から
2015/ 10/ 26
                 















今週末に また検診に行って来ます。

前回、先生から 妊娠分かってるのに、またエコーするの?って言われて。

ベビーの心臓が見たいからと。

小さな心臓が動いてるのを見ると感動するんです。
頑張ろう!ってパワーもらえるし実感が湧くたびに気合い入れられるから。

母体を労わる気持ちもどんどん増していきます。

赤ちゃんは ちゃんと育ってるか?
頭数が少ないと大きく育ちすぎていないか、難産にならないか、美羽ははじめてなので 色々心配になって。

過保護と言われても仕方ない。
心配性なんだもん。
美羽の負担になる事は母ちゃんが背負うから、何でも頼っておくれ。
変われるものなら私が産みたいくらい。

そんな気持ちです。
秀の初産の時もそうだったなー。


どうか美羽も安産でありますように。。。


秀たんは余裕なのだろうか?
いつもへそ天で寝てるし、マイペースに過ごしている。
いるのかいないのか分からないくらい手がかからない。

大好きなボールレトリーブを禁止してるので、ストレスたまらないかなーって気にしてるんだけど、先週あたりから投げてって持って来ないようになってるから もしかして本犬なりに分かっているのかも。


凄いなー。
私にとっては娘のような子なのに、秀見てたら既に母親を感じる。

強いなー。。。


iPhoneから送信