FC2ブログ
   

2015年07月22日

              
        

変な天気が続いてる

category - 携帯から
2015/ 07/ 22
                 










ほんまに梅雨明けしたのだろうか?

今朝も大雨だった。
ここ最近いつも起きたら雨降ってる(ーー;)

朝一で洗濯物を回せないと、何だか1日が狂う。

9時ごろには雨が止んで、曇ってて涼しかったので、幸 美羽とチャリで広場へ。

このくらいの気温だと気持ちイイなー なんて思いながら漕いでたら また雨がポツポツ降ってきた(ーー;)

ほんま腹立つー 雨め!

洗濯物も外に干して出たのにぃぃぃ

屋根付きランが欲しい、ちゃんと地面を蹴れるようなフカフカのランが。

滑りにくい床にしてるとはいえ、室内遊びは足に悪いからねぇ、、、

美羽が凌ちんを誘って遊ぶ。
チビ達も。

んん~ 晴れたら晴れたで暑いし、困った季節だ。



お花、ありがとうございましたm(__)m

iPhoneから送信
                         
                                  
        

アスファルトデビュー2日目(7/21)

category - 携帯から
2015/ 07/ 22
                 














ロイ永遠の地面着地した様子の動画をラインで送ったら、とても喜んで下さった(*^^*)

お迎えまで指折り数えて、一緒に成長を楽しんで下さっているのが分かるので私も嬉しいです(*^^*)


昨日の雨も早く止んだので河原のアスファルトは乾いてました。
お陰でリード付きでの歩く練習と、簡単なトレーニングを行う事ができました。

ふたりとも2日目もアイコンタクトしてくれて、コマンドも耳に入ってる様子だったので母ちゃんニンマリでした。

1発で写真が決まると、 これが 気持ちええのよ(笑)

幸パパのお手本もいいんだろうね。
彼は座れと言えば座ったまんま、伏せと言えば伏せたまんまでいるトレーニングを若い頃にして来たので忠実です。
だから息子達に良い影響を与えてくれています。


ブリーダー始める前の話ですが「うちの子、家の中ではできるのに、外だとできないの」と相談されたことが何度かありました。

それはお座りとか、伏せとか、日常的に家でやってることで難しいことではないのになぜ?というような内容でした。

年齢関係なく、慣れてない場所だと平常心ではいられなくなるので、普段できることができなくなるのはオカシイことではないと話した事があります。

緊張が続くとワンコもストレスたまります、だから若いうちから慣らせるというのは愛情なのだと思ってす。

いろんな事に慣らせてあげる努力をすれば、愛犬のストレスもどんどん減って行くので、 自然と お出かけの範囲も広がって行きます。
どこへ行くにも連れて行きたくなる、そこまでがんばれば愛犬にとっても幸せですね。
それだけ大好きな家族との時間や思い出が増える訳ですから。

私も昔は愛犬といろんな所へ遊びに行きました。
ブリーダー始めてからは なかなか行けなくなりましたけどね。
だから我が家の若者達は社会化不足になりがちです。
どうしても行くところは決まった場所になってしまい刺激不足です。


通常、パピーが外デビューすると緊張するのは当たり前なので、トイレができなかったり、キョロキョロオロオロして落ち着きがなくなったり、呼んでもコマンドが耳に入らなかったり、動けずに固まったり、抱っこして!って この場から逃げたくなったり、大好きなオヤツさえも食べられなかったりするものです。

だから、その負担を取り除いてあげるためにもデビューする前から抱っこして外の音や環境に慣らして下さいと飼い主さまとお話しています。

そんな心境を知らない道ですれ違う方からは「大人しいわね、落ち着いてるわね、良い子ね」と勘違いされる時がありますが(笑)

平常心でいられる子ほど、部屋の中と外での変化の差がなくなるので、自分を出すことができます。
それは かかるストレスも少ないということなのです。

スムーズにデビューできるか、できないかの差に繋がるので、重たいけど頑張って下さいと話してます。

社会化は一生続けないといけないと言われています。
特に大人になるまでの経験は後々犬生に影響を及ぼすと言われていますので、できるだけトラウマをつくらないように良い経験を積ませてあげることを優先に考えて場所や相手を選んで下さい。

成長過程で体の機能もどんどん成長していきます。
耳がどんどん聞こえるようになったり、見える範囲もどんどん広がったり、鼻も色んな匂いをキャッチしやすくなったりします。

それはどういう風に変わるかと言うと、子供のうちは平気だったものに対して急に恐れるようになったり、急に人やワンコを意識するようになったり、急にシャイになったり、急に吠えるようになったり、大人になればのるほど明確になっていくものなので警戒心が強まる子もいますし、番犬をするようになったりと様々です。

これは人間の成長過程と似てるような気がします。
性別関係なく遊んでた人間の子供が、急に異性を意識して恥ずかしくなったり、元気よく挨拶できていたのにモジモジするようになったり、親の言うことを素直に聞けなくなったりって時期が来ますものね。

成長してるんだと思えば悩まずにすみますので、その時その時の成長過程に応じて対応して行けると、きっといつの日か「理想の子だわ」と言える子になってると思います。

だから子供時代の社会化というのは大切ですね。
人間の子供も幼い頃から社会に出して経験を積ませてあげると、しっかりして来ますものね。

人前で話すのが平気な子もいれば、苦手な子もいます。
これは育った環境の影響が強いのだと思います。

私自身、現在は頭数抱えているので なかなか個々へ経験を積ませてあげられるほど連れ回すことができていません。
なので偉そうな事は言えませんが、経験して分かっているので プラスになることは伝えたいです。

特に始めて飼われる方には知っていて欲しいので。

「なぜ?」「どうして?」と思うことには必ず理由がありますから、分からない事は何でも気軽にお尋ね下さい。
そして、どうすればロイ永遠のようになるのかも、ポイントをお伝えするのでご遠慮なく相談して下さい。

喜んでお答えします*\(^o^)/*

優良母だから当然なんて言わないでね。
ワンコが変われば私もゼロからです。

まだまだこの子達から教わることもあれば失敗もあります。
子供は親を成長させてくれる存在です。

一緒に成長して行きましょう(*^^*)

iPhoneから送信
                         
                                  
        

出せの練習とスキンシップ

category - 携帯から
2015/ 07/ 22
                 




















永遠ったら上向きすぎ(笑)
落ちるとでも思ってるのかなー?
その角度では母ちゃんの目が見えんじゃろ?と思って横にずらして見たら、ちゃんと見てた(爆)


「咥えて」が上達してきたので、昨日からガムを使って「出せ」の練習をしてます。

バッチリです(≧∇≦)

はい、最終目的は「出せ」を教えるためでした~(*^^*)

タカから「ちゃんと意味を書いておかないと、分からない人も多いはずだよ、中には こんなおチビ達になぜ咥えて なんて教えるの?と思ってる人もいるかもよ」と言われまして(^^;;

飼い主さんにはちゃんとお話してるので、ブログでは つぃショートカットしてしまう癖があって(^^;;
昔にも何度か書いた事があったので、つい。

では説明を。

レトリーバーなので咥えて運ぶ本能が備わってます。
その本能は元から強い子も入れば弱い子もいます。
目覚めさせて強くなる子も入れば、なかなか目覚めない子もいます。
しかし何も染まっていないパピー時期というのは、何でも口にして噛んだり咥えて運んだりします。

だから「出せ」のコマンドで素直にパッと出せる子に育てたくて、先に咥えてを教えました。

「出せ」の逆は「咥えて」なので理解させやすいのです。
何かを咥える度に出せを教えるのは、本犬に感情が入ってるので伝えるのに時間を要します。
それより先に「咥えて」を教えた方が、短期間で集中して伝えることができるため本犬も悩まずに済むし理解しやすいのです。

なかなか出さない子になると後々厄介ですからね。
そういったゴル達を昔、何頭も見てきましたので学習させてもらえました。

家の中には咥えられて困るものが沢山ありますし、お散歩デビューしたら何でも咥えてみたくなりますから。

叱ることが増えるのはお互い面白くない時間が増えるだけです。
それに下手に叱ると本能的に取られまいとして、咥えて逃げて行く癖がつきやすいですし、叱られて臆病になったり人に対して恐怖心を抱く子もいますから。

反抗的な態度に出る子の場合は酷くなると唸るようになり、終いには飼い主さんを噛むという所まで追い詰めてしまいます。

レトリーバーにとって運ぶことは本能が満たされる行動なので私的には叱りたくない。
だから、咥えられて困るものは素直にパッと出すように、持って来いや出せを教えます。
もちろん咥えられて困るものも、置かないように気をつけます。
そして遊びの中で咥えて良いものを使ってレトリーブごっこしたり、何々を持ってきて!といった遊びを教えて本能を満たしてあげます。

人から見て愛犬が悪さをする行為って、この子達にとっては本能的な部分が多かったりするので、単純に暇つぶしみたいなものなのです。

基本、お仕事がしたい子達なので仕事がないと暇つぶしにあれこれ運んだり破壊に走ったりするのだと思います。

破壊は やってる途中で恐らく気持ちよくなるのだと思います。
面白いと感じたら当然止まらなくなりますよね(笑)
だから繰り返すと癖になります。
繰り返さないためには与えっぱなしにしないのが一番良い方法です。
遊ぶ時だけ出して、お終いといって終わらせると主導権も握ることができますから一石二鳥です。

ご飯もオヤツもおもちゃも、全て飼い主から与えられるもの、として理解すれば反抗的な子にはなりません。

ワンコが先輩ワンコに絶対に逆らわなかったり、チビ達が父犬に一目置くのは その相手が怖いから だけではないのです。

そこには頼れる存在だったり、尊敬してたり、慕っていたり、敬意を示しているからなのです。

怖い、だけでは従わせることはできません。
一緒にいて楽しい、落ち着く、頼れる、といった事が良い関係を築くポイントになると思います。

だから私も子供達からそう思われる親になりたい。

普段ひとりなので、個々を満足させてあげられる時間は少ないけど、継続は力なり なので続けて行かないとね(*^^*)





iPhoneから送信