FC2ブログ
   

2014年02月16日

              
        

散歩の練習と小芸仕込み

category - 携帯から
2014/ 02/ 16
                 




散歩デビューしたというのに雪や雨が続き、なかなか歩く練習ができなかった。

金曜日の午後、朝の雪で地面は濡れてても空は晴れてた。

よしっ、今やっとかないと、いつやるのー!!今でしょー!!と、ひとりツッコミを入れて ひとりづつ散歩の練習へ。


パピーに小芸を仕込むポイント
パピー達に行動を教えるのはフードで十分だけど、そーそー今のよ!って瞬間を掴んだ時と、終わる時は、とっておきのオヤツで差をつけてます。

関連を強めるためと次への意欲を出すためです。


初めて教えることはコマンドと動作を繰り返し、5分。
考える時間が長い子でも10分以内で理解させられるようにもっていきます。


学習能力を確かめるため一晩寝かせます。
翌2日目が重要なポイントに感じています。

翌日復習をし、その行動や様子から教え方を考えます。
この2日目が凄く楽しみなんです^ ^

前日どこまで理解していたのか、一晩、夢の中でどのくらい復習したのか、学習能力は?覚え方のパターンは?

それぞれ違います。


昨日はできたての鶏の胸肉ジャーキーを3枚づつポッケに忍ばせ、ひとり30分づつ散歩の練習。


小芸は4日前にお手、4日前に伏せを教えてみた。


その新鮮な様子はまた明日書きます^ ^

ランキングに参加してます♪→犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
                         
                                  
        

ドックランデビュー2月15日

category - 携帯から
2014/ 02/ 16
                 




幸たんと会った帰りに、愛ちゃんと優コリンが行きつけのドックカフェに行った。

カフェタイムは優コリンとまったり(*^^*)

その間パピー達は大人しく車で待機。

ランで飛び回るパピー達、初めての場所でも待てできるかな?

うん、よくできました(*^^*)

ランキングに参加してます♪→犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
                         
                                  
        

散歩練習とお手、伏せのそれぞれの特徴

category - 携帯から
2014/ 02/ 16
                 
まるの散歩
3ワンの中で1番歩くのが楽だった。
私に執着している分、横や後ろを着いてくるからリードが張ることがなく、止まればまるも自然と止まり何も言わなくても前に来て座わりアイコンタクト。
超いい子!!!
のんびりした気持ちで楽しく歩けた。

ま、これは今だけだね。
男の子は大人に近づくにつれ、集中力は散漫になりまわりが気になって仕方ない時期が来るから。

でも、何もやらないよりはやった方が良いからね。

まるは隔離されるのが異常なほどダメ。
狂ったように吠える>_<

そして食べ物が絡むと犬が変わりゴッくんや凌にマヂ噛みしてないか!?ってくらい激噛みをする。
食べ方は1番優しくて遅いのにね。
遅いから余計に早食いメンバーに取られまいと必死になるのだ。

隔離で吠えるのは執着心が強く不安を感じてる感じ。
まるの場合は出せ!の単純な吠えじゃない。

思い当たることが、、、
生まれて3日目から数え切れないくらいアイラインのことで病院に来てる。
怖い思いや痛い思いを何度もしてる。
預けて待つこともたくさんあったから、離れるということを極度に嫌がるのだ。
側にいないと不安にかられるのだろう。
甘やかした結果はベタベタちゃんだけど、離れることを異常に嫌がるのはそういった経験があるからだと感じてる。
だからまるの場合は無理せず心の成長に合わせて接して行こうと思う。

傷の治療で他の子が経験してないことして、なにかしら心にも傷をおってる気がするからね。

とにかく人が側にいればフリーで悪さすることもない楽な子。
今の時期のパピーにしては褒めるところもたくさんあるから無理にケージに慣らすこともないかなと。

もう少し自信がついて来たらでいいね。

車移動も吠えないしね。

まるのお手
考える子で落ち着いてる。
よしっ今理解したね!って瞬間があるんだけど、それをつかむと早い!
まるの良いところはコマンド後に早く手を出すのに落ち着いているところ、焦って早くご褒美ちょうだいってならずに話を聞いている。
素晴らしい。

まるの伏せ
これにはビックリした。
自ら伏せるだろうという誘導は見事にきかず、少しでも手を伸ばそうとすると凄い踏ん張って嫌がり、仕方ないから力づくで伏せの体制をとらせようとしたら唸った。
それでもやろうとしたらガウと噛みはしないが、噛もうとする仕草を見せ異常に嫌がった。

本当にびっくりした。
そして分かった。

これも、目の診察でいつもがんじがらめに押さえつけられているからだ。

抵抗することなく大人しくしてるけど、目は少しでも動くと危ないから看護師さんが体重のせて凄い力でまるの体全体を押さえつけるのだ。
両手を握って。

その結果がこれに出たのだ。
可哀想にT_T

良かった、私のところにいる間にその嫌な経験を良い経験にすり替えてあげられる。
本当に良かったT_T
これをほっといたら間違いなく一生伏せはできない子になってたと思う。
それだけ幼少期に何度も繰り返し刻まれた記憶は残るはずだから。

将来プロに頼んでも下手したら噛んで、はいお手上げですって終わるパターンになりかねない。
まるのことを思うと心が痛くなった。
反射的に嫌がる行為、トラウマになりかねない。

まるに話した。
大丈夫だよ、母ちゃんの目を見てみ、母ちゃんは怖いことしないでしょと、、、

まるは私の気持ちに答えてくれたT_T

最初は反射的に物凄く逃げて唸ってたけど、最後はやっぱり母ちゃんが好きだから母ちゃんもまるが好きだからという思いが勝った。

凄く凄く嬉しかったT_T
覚えちゃうとね、あれだけ抵抗してたのが嘘のように素直にやるようになる。
あの拒絶はなんだったの!?って本当に別犬。
表情もね。
またそれが可愛くて可愛くて、まるえりゃーい!ブチューーー!!グリグリナデナデーーー(≧∇≦)

今はめっちゃ素直に伏せしてくれます。
まるが嫌な経験をしたことを母ちゃんは10倍良い経験をさせてあげるからね(*^^*)


ゴッくんの散歩
まるの次に楽だった。
しかし興味の範囲が広いから、とっさの動きがみられリードが張る。
だから引っ張らなくても手に力が入ったまま歩いた。
集中力は鍛え方しだいだけど、ゴッくんはおっとり系の中にせっかちな面があり、おっちょこちょい。

隔離したりご飯用意してる時に吠えるようになった。
ほらほら やっぱりね。
せっかちな面が目立ってきてる。
性格的に優しくてよわっちー面があるから、こういう子は口がたつようになってくるだろうと思ってた。

早くちょうだい!とか、早く出して!とか、まー煩い(; ̄ェ ̄)

大人しかったのに我が出てきたね。

ま、これは直せるからよし。
元の性格が良いので私にとっては問題ない。
ここが重要ね。

通りすがりのおばさんが可愛いねと話しかけてくれて、ゴッくんの前に立ち止まった。

どうするかな?とゴッくんに任せてみたら、おばさんを見上げて座った。

えらいねーって、おばさんも座ってくれてナデナデしてくれた。
ゴッくん超いい子だった。
まるで大人の落ち着いたワンコに見えた。

あと信号待ちでおじさんがゴッくんを触りたそうな目で見てて、フラ~フラ~っとしてた。
私がニコッとすると何も言わずに上からゴッくんの頭を撫でてきた。
ゴッくんは立ったまま動かずおじさんを見上げた。
おじさんは噛まないと分かったらしく、顎の下や頬まで触り始めた。
ゴッくんされるがままで動じなかった。

これまたえりゃーい!
外で知らない人に会った時の態度が見れて楽しかった。

やっぱりゴッくんらしかったね(*^^*)
だから母ちゃんは最初から何も言わず、君の素の行動を見たいと思ったのだ。

ゴッくんのお手と伏せ
食べ物の執着が凄い。
食べるというより丸呑みするタイプで、食べている最中でも次も次も!ってなる子。
あっという間に食べちゃう、食べ方もせっかちが出てる。
勢いで手もガブってなる時がある。

だから教えようとしても、最初は食べたくて食べたくて落ち着きのないこと!
まーまー落ち着きなさいから教えた(笑)
落ち着かせると覚えるのは早かった。
しかし、せっかちがやはり出た。
一旦覚えるとコマンドを出す前に手を出すという、面白いくらい予想通りの行動に大笑い。

黙ってたら覚えたてのお手や伏せを頑張って披露してくれる。
勝手に(笑)

ひとつひとつのコマンドでしっかり動けるように育てないと、食べ物が絡むと頭がわちゃわちゃになる可能性大。

できるのに先読みして失格!
焦って損するタイプになるだろう。

単純だから、かけひきは必要なくなると思うけど、丁寧に教えないと妙な動きの癖が付くと思うので気を付けなきゃ。


凌の散歩
はい、1番大変でした^^;
歩きながらまわりをウロウロしたり急に引っ張ったり、何か不安を感じ抱っこ抱っこと飛びついたり、、、

母ちゃん足腰悪いからとっさの動きは対処できないよ、、、すまん!
凌の足を何度も踏んでしまい、横切る体を何度も蹴飛ばしてしまった。

サッサと歩き、着いて来なさい状態で何とかまともに歩けて帰れた。

ふぅー疲れた。
さすがに3頭目になると1時間以上になるもんだから、私のパワーも心の余裕も減ってたのだ。

順番チョイスをミスった。

というのもひとりづつ散歩に出すのに、私から離れると吠えるまるを1番に連れて行くため、凌とゴッくんはパピーペンで留守番。

ゴッくんは吠えるけど、しばらくほっとけば諦めるからトレーニングで改善できる。

まるは帰宅後はフリーで留守番。

そして凌は最初から吠えないので1番最後になってしまうのだ。

凌、左に付いて見上げた時だけポイッとご褒美を口に入れてやっても、まるやゴッくんのようにはいかなかった。

なんやかんや言っても女の子なんだねーって思った。
そして やっぱり多頭飼いのなか守られてる環境で育ってる子らしいわーって納得。

守られてるとのびのびやんちゃもするし、強い自分も出せるけどイザひとりになると私に凄く頼ってきて、様子を伺うための頭を使うから一見大人しい子?と錯覚してしまう。
あらっいつものパワーは?って笑える。

タカはそこが可愛いって、めちゃめちゃ甘やかす。
男だねぇ、私が甘えないから余計に可愛いのだろうね(笑)

でも凌はよく男の子と間違われる。
なんと!まなの旦那は最近まで凌が男の子だと思ってたらしい。
その話を聞いてビックリ大笑いしたばかりだったから、散歩で女の子を感じる仕草にちょっと安心した。

凌のお手と伏せ
食欲はありあり!
そしてご飯の食べ方が1番大胆な子。
散らかしあげる(笑)

ダイソンジュニアに唯一向かってくる、好奇心旺盛で遊び好き。
将来、秀ママと同じくオヤツ無しでボールがご褒美として訓練を楽しめるようにもって行こうと思う。

水もガブガブ飲むので床や顎がびっちゃこになる。
男の子の中にいる女の子なのに1番男っぽい(笑)

でも、大人しくする時はする、動く時は動くとメリハリを作りやすいタイプ。

元気いっぱいの子でも話は大人しく聞ける耳も持っている。

覚えは凌が1番早かった。
しかし翌日、思い出すのに少し時間がかかった。
自信がなかったのか、自分なりに考えてるのが見えた。

伏せはゴッくんが1番早くできたけど、オヤツにつられ流れでやってる感があったが、凌は違った。
ちゃんとコマンドを聞いてからやる。
そして2日目で伏せて待ての流れまで持って行けた。
素晴らしい。

待ても今のところ1番できる子だったからね。
さすが女の子、話を聞くのが男の子より長けている。
女の子は精神面での成長も男の子より早い子が多いね。

こりゃーゴッくんとは教え方が全然違ってくるな。
大変だ^^;

きっと凌は何でも早く覚えると思うけど、外での練習の段階に入ったら一からおさらいしないとガタガタに崩れちゃうだろうな。

この子は座れのコマンドはしばらく封印して行こう。


まるは他にも癖があるかも知れないから、無理せずこの子が楽しんで覚えられるようにして行こう。
あと、常に側にいる子だから 来いってコマンドを使っていなかった事に最近気づいた。

ふと待てかけて離れて来いって言ってみてら一瞬、動いていいの?って顔したの。
えっ?知らなかったの?と こっちがビックリ。
今まで見落としてたー/ _ ;
まるは来いって言われなくても常に側にいたからだ。

誰よりも早い月齢からフリーにしてた。
待ては落ち着いてるから来いを練習しなくては。

ゴッくんは小芸より、せっかちな所をカバーして行けるように待てを強化した方が良さそう。
普段は天然で面白い子。
無駄な動きをさせないように育てなきゃ、直ぐおかしな癖が付いてお笑いまっしぐらになりそう。
笑ってすむなら楽しいけど、おっちょこちょいは怪我しやすいからね。

さ、母ちゃんはみんなをどこまで育てられるかな。

3ワン同時進行。
ひとりに費やせる体力とやる気は限られてくるけど、何もしないよりかは短くても毎日ちょこっとの積み重ねが大事。

継続は力なり、それを知ってるからね。

楽しめる範囲で無理なくやって行きたいな(*^^*)

ランキングに参加してます♪→犬ブログ ゴールデンレトリバーへ