2012年02月

              
        

セリーナちゃん♪

category - 日記
2012/ 02/ 01
                 
P1280751-thumb-400x533-455.jpg
幸たんの娘、ノエルちゃんの記事を見て、
セリーナママさん(幸たんの娘)が最新のセリーナちゃんの写真を送ってくれました♪

可愛い~な~(*^。^*)


P1300603640.jpg
セリーナちゃんの最近のお気に入りだそうです。


P1290527-thumb-400x300-458.jpg
幼稚園で勉強中のセリーナちゃん。
いろんな先輩達に鍛えられているそうです(笑)
そして訓練士の方から「犬も人も大好きな性格のとっても良いワンちゃんです」と、べた褒めされているそうです♬

もう少しで自宅に帰る予定のセリーナちゃん。
帰ったら胴体犬のくれは君と会えるかな(^_-)-☆
幸たんと梅たんみたいに遠慮なく遊ぶのかな~、、、

再会、何だか私まで楽しみです♪
                         
                                  
        

幸たんと別居して6日目。

category - 携帯から
2012/ 02/ 01
                 

今日の幸たんはピーピーも言わないしご飯も100gだけだけど食べてくれたと聞いて、昼過ぎに会い行ってみた。



幸たんの好物の馬肉粉末を入れて練ったパンを持参♪
頑張って立派につくり上げてきた体。
栄養不足になったら困るから、他にもヨーグルトとヤギミルク、酵素やサーモンオイル、プロポリスなども一緒に。


いつもの幸が帰って来た感じがしたけど、心持ち表情は暗く 心ここにあらずってな仕草がチラホラ。
河原では相変わらず地面クンクンが酷く、他のワンを見つけると鼻をピーピーならす。

やっぱ、まだ だよね~、、、(悲)

「競技会に出して行く犬にするなら、早めに去勢した方がいい」という意味も身に染みて分かった。
訓練士さんは さすが犬を知ってるだけあるね。
何でもストレートで理に適ってる事をおっしゃる。

「交配した」なんて言うと笑いながら「アウトだ!」と言われる(~_~;)


普通に飼うなら問題ないけど、やっぱり競技会に出すとなると不利になる事が多いのは確か。
ヒートの子を連れてらっしゃる飼い主さんは、だいたい雄を知らないから配慮に欠けるもの。
でもそれは仕方ない、、、
女の子や去勢してる男の子しか飼った事がなければ、雄が発情した状態なんて想像もつかないだろうから。

だからJKC本部で競技会マナーについて、もう少し知識と配慮についてガゼットに掲載するとか、
競技会申し込みの際の注意点とか、当日のアナウンスとかで知識(どんな状態になるか)を広めて欲しい。

例えば、発情犬を乗せている車は駐車する場所を決めるとか、トイレをさせる場所を決めるとか、
遠くからでもオスの飼い主が見て分かるように、発情犬に赤札をぶら下げてもらうとか、
アナウンスがあるまで競技リンクに並ばないようにしてもらうとか、
発情犬を連れて競技リンク付近で見学しないとか、、、


去勢や避妊をしてる子がほとんどだから、真剣に取り組んではもらえないかな、、、
でも少ないかも知れないけど、きっと私のような飼い主さんは他にもいらっしゃるはず!

グタグタ言っても仕方ないから、去勢して競技会を続けるか、
去勢はせずに競技会を諦めるか、それとも玉を残しつつボチボチ出せるタイミングで競技会を続けるか、、、
ん~・・・いろいろ考えちゃう。

ケド、あたち 玉ありのオスが大好きなの(笑)<幸たんには申し訳ないけど。


いくら頑張っても あの発情には適わないのは分かってる。
厳しい見方をすれば そこを超えてこそだ!って思う人もいるかも知れない。
発情の状態には個体差があって、そこまで影響のない犬もいると聞いた(訓練所内での話)
でも子孫を残そうという本能の強い子は、本当に別犬になるから、その時期はあえて何もしないと。

今回、うちは他所の子の発情ではなく、我が家の子の発情で苦しませてしまって、、、
幸に対して ちょっと胸が痛い。
可愛い我が子が数日もご飯を食べてくれないとなると、いろいろ真剣に考えるようになる。

まず、引き離すことが大事。
次回、秀のヒートの時には幸を早めに実家に連れて行くか、訓練所(これは寂しい)にお願いするか、
ちゃんと考えておかないと。
ストレスを与え続けるのは、体にとっても悪いものね。


とりあえず、次回のヒートまで最低でも半年は大丈夫だから、
オビ1だけは取得しておこう!1度決めたことだからね。
上を目指せばキリがないけど、オビ1が終わったら アジをボチボチ楽しんで行けるようにしたい。
股関節も丈夫だし、服従も入ってるんだもん、幸も楽しそうにやるし やんなきゃ勿体無い。
一緒に楽しめるものなんて、そーそー見つからないものね。



っと! 秀たんは どうしよ~。。。な~んもしてないや(^_^;)
気が多い母だけど、朝から晩までフルで働いてると、3頭の訓練となると手抜きになっちゃうね。
このままだと秀たんはポヤンってしてる子になっちゃう~(笑)




秀の発情の匂いを消すため、タイルカーペットをマイクロバブルに1時間つけてみた。

そしたら凄い凄い!!!
洗剤なんて一切入れてないのに、この泡!ゴミだらけで真っ黒の泡!泡!泡!

こんなに汚かったの~!ヒィ~~~!!!きったない!!!(怖)




殺菌するため、オゾンの機械をマイクロバブルの中に。

このオゾンの機械 凄い殺菌力なんです!
無臭になるの~♪
我が家は大活躍、車内の匂いも直ぐに無臭になる。
ホテルなどで使われてるやつ、さすがだな~。。。



秀の陰部が少し小さくなったから、夕方試しに幸を入れてみた。
4時間ピーピーピー言いっぱなし、ご飯はもちろん全く食べず、、、

また実家へ(T_T)

週末は一緒にいたいな~。。。





                         
                                  
        

食べた!

category - 携帯から
2012/ 02/ 02
                 



秀の陰部が昨日より小さくなってる♪

午後からは出血もほとんどない。

幸たん連れて帰れるかも!と夕方からずっと一緒にいる。


興奮してバタバタはするけど、秀はちゃんとイヤ!ってやってる。

へぇ~…
意思表示ができるんじゃん(笑)
秀たんって、いつもホンワカしてるから、されるがままの子なんかな~って思ってたけど。


秀が嫌がってるのが分かると、優の態度もガラッと変わります!!
あまりに幸がしつこくしてると優が幸を追っ払いガウガウ!と一喝。

幸たんはチュン太郎(笑)

しばらくするとまた怒られ、、、

さすが我が家の番長!
優コリンって本当にスゴイな~!!

秀を守るとは、びっくらこいた!
家族として認めてる証拠を見ると、幸には申し訳ないが嬉しい。
だってキャロルちゃんが来てる時は全く眼中になかったもの。


そして夜ご飯、隣の部屋に秀がいるのに、気にしながらも150gのフードを食べてくれた(^∀^)ノ

嬉しい(≧∇≦)

何日ぶりだろうか、こんなに食べれたの。

キュンキュン言いながらもミルク棒やおやつも食べたし♪


体重は計るのが怖いから計らないようにしてるけど、間違いなく30kgはきってるはず。


お腹ぺったんこで背中を撫でると背骨がガツガツあたる。

完全におさまったら、幸たんはしばらくエゾシカ肉のスペシャルコースだな。


                         
                                  
        

人間って…

category - 携帯から
2012/ 02/ 03
                 



昨夜は幸を実家に連れて行かなかった。

ヒーヒー言いながらも、ピーク時と比べたら表情に余裕が現れてたから。

ピーク時って、目がイッちゃってたもんな~。。。
名前も3回くらい呼ばないと耳に入らないくらい、頭の中はいっぱいいっぱいになってたし。


この目、見覚えがある!10年ぶりくらいかな、、、な~んて、昔の正を思い出しちゃった。
何も知らずにゴールデンを飼った、約19年も前の自分まで思い出しちゃって。
未熟さに笑えた。


男の子が単純なのはなぜか?何となく分かる気がする。
単純じゃなきゃ雄はやってられないだろうなって思う面が多々あるから。
でもそこがたまらなく可愛いかったりするんだよねぇ(*^。^*)


夕べ寝る時は目が行き届かないから、タカが秀たんと、私は優幸とで別れて寝た。

そして朝9時、幸たんのヒーヒーで起こされた。

よー寝た~!
今日は学校の仕事がなかったから、のんびりしちゃった。
特にな~んもせず。
なんか時間がゆっくり過ぎてくのって、たまにはいいな~って。
朝を満喫した感じ♪

いつもの朝はコーヒー煎れる時間も勿体ないから、インスタントコーヒー片手に
子供達をトイレさせながら立ったまんま飲んでるから(^_^;)

今朝は違う、タカが煎れてくれた美味しいコーヒーを片手に、子供達を眺めながら座って飲んだ。

なんかイィ!こーゆーのって、ちょっと贅沢さを感じちゃった。

とっておきのおやつ「馬肉のロングジャーキー」を出してきて「咥えて~♪」、
特別な日でもないのにね~。
朝からあげたくなって。

子供達から言わせば「今日の母さんはどうしたんだ?朝から気前よくない?」って感じだったんかな~?笑。


幸せを感じる時間って、結構身近にあるんだね~。

しばらく幸秀の発情でバタバタしながら、いつも通り仕事してたから余裕がなくなってたみたい。
普通の光景なのにね、普通って有り難いなって。

あ~ぁ、仕事、減らしたいな~。。。
もっと子供達との時間を作りたいよ~。

でも仕事減らしたら、もっと思うようにしてあげられなくなるから仕方ないか。



人間って贅沢な生き物だな~って思う。私がかっ(^_^;)

当たり前に見れる光景や当たり前にできる事、当たり前に食べれると、慣れちゃって感動も感謝も薄れていくもの。
なのに、その当たり前が見れなくなったり、できなくなったり、食べれなくなったりすると、寂しいとか悲しいとか、辛いとか、、

自分勝手だな~…ほんまに。
んで、またできるようになると改めて感じたりして。

それが人間の良いところでもあり、弱いところでもあるんだろうね。


純粋に犬を観察すると人間って犬の何十倍も勝手な生き物だな~って気付く。

だから躾がうまくいかなくても当然だよなって思っちゃう私って変かな~。

だって犬達よりも人間の方が何倍も自分勝手なんだもん(笑)<自分の例が。


それでも犬達は飼い主の失敗を何度でも許してくれる。
人間と違って計算しながら生きてないから。
じゃなきゃ、根に持たれたら大変だよね(笑)

こんな勝手な人間が犬達と暮らす中で、気付かないところで可哀想な思いをさせたり、知らぬ間に勘違いをさせてたり、気持ちを裏切ってたり、逆に可愛がりすぎて何をするにもひとりじゃ不安を感じる子にしちゃってたり、何事にも考えない犬にしてしまってたりとか、いろいろあるんだろうな~。。。


信用してもらってる、頼られてる、、、
そう感じるのが嬉しくて、守らないと!って思うから強くもなれるし。
自分という人間を大好きなんだろうなって、そう思えるようになりたいから相手の事も考えるようになるし。

しゃべれない純粋な犬達を見ると本当にそう思う。

変な話だけど、私の方が犬達に成長させてもらってるって感じ。
たまに自分が可笑しいなって笑える時がある。大人げなかったりする時とか、、、

でも、いーの。
謝って次は同じことを繰り返さないように気をつけるから。
それでいーと思うの、人間なんだから。

洞察力や観察力が優れてくると、人間社会にも役立つ事があるな~って。
犬達の思いを探ったり、感じたいと思うと、自然とそういった能力がつくと言うか敏感になるよね。

だからかな、私は人に恵まれてる気がする。
嫌な思いをする方向に進まず、良かったと思う方向に進める事が多いから。
自分の中の優先順位はいつも明確にして、なるべく後悔をしないようにって普段から思ってる。
自営業は全ての責任が自分にあるから。

素直になれるのも、素直な子供達に囲まれてるからなんだろうな~って。

なんか真面目な話になっちゃった。似合わん。
今日の記事なんだ?まとまりのないテンデばらばらな内容、、、
何が話したかったのか忘れちゃったわ。



ま、いっか(^_^;)


幸たん、お昼にフードを食べれた♪
ご飯食べて褒められてる様子を他人が見たら、バカか!って思うだろうね(笑)

でも いーのいーの。
これが私と幸たんの関係なんだもんo(^-^)o

甘い母さんと怖い母さん。
幸たんには「2重人格だ!」って思われてるかも。。。
でも幸はきっと私のことが好きだと思うからいいや(笑)
だって母さんも負けないくらい幸のことが大好きだから。

ちぇ 結局はおのろけかっ て。

失礼しましたm(__)m
                         
                                  
        

困っちゃう

category - 携帯から
2012/ 02/ 03
                 




「どうしよ~ 子供達が可愛すぎて困っちゃうぅ~」ってタカに言うと「はいはい」と言われ、
親に言うと「人間の子はもっと可愛いんだから、自分の子を産め」と言われ、
友人に言うと、全く相手にされない(笑)

私って変な人なんかも。

でも、本当にそーなんだもん、可愛すぎるんだもん。
普段忙しく働いてる時は余裕がないから、そんなこと思わないんだけど、
今日みたいに休みでゆっくり過ごせると、可愛くてたまらなく可愛くて困っちゃって。
んで、失うのが怖くなって、、、

優コリンが年を重ねるごとに、怖さも増すからか 毛深い子が増える(笑)
その子はその子だけだから、失った時の辛さは変わらないのにね~。

分かってるのに止められない。
これが中毒か~(笑)<ゴル中毒。

優のお父さん、正は10歳半で亡くなった。
今年6月で10歳になる優コリン、あっとの間に正が亡くなった頃の年齢になっちゃう。

あ~~~怖いっ

優コリンには特別お金をかけてる。
ざっと計算すると1日の食費は1000円くらい(サプリやら薬やら)
たぶん、優コリンにかかる費用で、健康な子なら5頭飼える計算(笑)

それでも長生きして欲しい、頑張って働くから。
たぶん、心のどこかで正やリーサのぶんまで生かさないとって気持ちもあるんだろうな。
特にリーサは6歳前に亡くなったから。

お金の使い方、親に言うとバカって言われるだけだけど。
体に良いものは自分が飲めって言われるだけだけど、
人の大切なものって、守りたいものって、みんな価値観が違うんだから、バカはないよな~(笑)

でも、幸と秀が健康体でいてくれるからってのもあるかもね。
やっぱみんなにみんな、優コリンみたいにお金はかけられないもの。
それこそ自分で首を絞めて破産だわ。


こないだ地元であった訓練競技会の動画。
脚側行進の往路での問題と、最後の課目で大失敗だったけど、
思い出だから残しておこうと思い、思い切ってアップ!
年をとると結果が悪くても良い思い出として大切にしたくなりますね。




評価の結果は動画の方で綴ってます。


たまみさ~ん、幸たんのオビ動画は もう少し待っててね(^_^;)
あれは公開でアップできないから~(笑)
                         
                                  
        

巻き寿司♪

category - 携帯から
2012/ 02/ 04
                 




巻き寿司♪美味しかったです~(^O^)

3本入ってたのを見て「あ、これは子供達にくわえさせろ」って事なのかなって(笑)

座らせて「待っとってね」って、巻き寿司を取りに行ったらタカがちょうどまな板の上で巻き寿司切ってて「ギャー!!なんてことを~!!」って(笑)

1本目でまだ良かった、もう3秒遅かったら口に入ってるところだったわ(^_^;)

そそくさと切った巻き寿司を再度ラップで巻き、タカから取り上げました。

でね、可笑しかったの~!
携帯で撮った後「ヨシ!」って言ったら、秀たんったら口を「アム」ってしたの。

食べた事ないのにヨシと言われたら食べても良いと思ったみたい(笑)

母さんが言ったヨシはカメラ目線は、もうOKだよって意味だったのに。

優幸はちゃんと手に取るまで持っててくれたけど、秀たんってまだ母さんの事あまり知らないんだなっておもっちゃった。

発情の出血も止まって陰部も小さくなって来たことだし、秀たんもまた訓練はじめよっと。

毎日少しずつでも積み重ねが大事だからね。



夕べは優コリンをバブってあげて、汚物も絞ってスッキリ♪

早く温かくならないかな~…
毛をカットしたら もっと頻繁にバブってあげられるわ。

全身の皮膚の状態や出来物はないかとか、リンパ節の腫れやシコリはできてないかとか、新たなシミが増えたとか、、、

気付きやすくなるの。


                         
                                  
        

手入れ

category - 携帯から
2012/ 02/ 04
                 






優コリンを吹き飛ばしドライヤーで芯まで乾かした後、ついでに耳掃除と爪切りも。

どうせならみんなやっちゃえ!って、「はい次は幸たん乗って~♪」って、幸が乗ると、、、
秀たんは自分の順番まで待てずに、「あたちが先~!」って必死に上がろうとする(笑)
そんな自己主張をしてる秀の姿にタカと大笑い(笑)
誰も乗ってなきゃひとりで飛び乗れるけど、幸たんがいたから難しかったみたい(^w^)


秀たんって、なかなかのものを持ってる。
手入れは優を優先してしまいがち、訓練は幸を優先してしまいがちで、
なかなか秀たんまで手をかけてやれてないけど、
逆に言えばそれだけ洗脳をしてもないのに全然手がかからないの。

だから母さんが手をくわえて染めて作られた部分(内面)ではなく、
秀たん本来が持って生まれた部分がよく見える。

困ることがないから、余計に手をかけないのもあるのかも知れないね。
今、1番手をかけたい時期ではあるんだけど、秀の この持って生まれた部分を見るのは、
なんか興味というか、もっと見てみたいというか、知りたいような複雑な気持ち。


良い性質(ゴールデンらしさ)や、丈夫な体質だったり、性格の良い子って、
秀を見てると こういう子の事を言うんだろうな~って、客観的に見てそう思う事が多い。
家庭犬として好まれるタイプの子なんだろうなって。
1歳になったら健康診断と遺伝子疾患の検査をする予定、なんか楽しみ。これで問題がなければ最高ね。

我が子って、つぃつぃ知らぬ間に贔屓目で見てしまいがちだけど、
日本での良い犬の基準というのは、訓練のタイトルやショーのタイトルで判断しがち。
だから家庭犬として求める犬だと、当たり外れがある。

これも少なからず、自分で訓練やショーをかじって来たからこそ分かる部分なんだと思う。


全てのゴールデンが訓練に向いてるとか、セラピーに向いてるとか、
家庭犬として飼いやすいとか、一概に言えないもの。
持って生まれたものは、確かにみんな違うし、はっきり言えば差がある。

ゴールデンを知れば知るほど理想が高くなるけど、
外見や内面が揃った、何をやらせてもパーフェクトな子なんて、そーそーいないだろうな~って。

自分色に染めて育てると、自分基準の見方をするから みんな我が子が1番!って思っちゃうしね。
けっこう客観的に見れなくなってしまうのは、私だけじゃなくてみんな共通してるような気がする。
だからそこだけはタカにお願いしてる。
冷静な判断は1歩下がって見てる人の方が当たってたり、見えたりすると思うから。

犬を見る目を養って行きつつ、長所を見つけて伸ばす努力を続けられたらいいな。
その為には視野を広く持たないと。

専門家が開くセミナーとか、今まではあまり興味がわかなかったから行った事はなかったけど、
もっと犬の事を知りたいという気持ちが湧いてくると、そういったセミナーにも興味が湧いて来るもんですね。
近場であったら行ってみたいな。



秀たんって、ゴールデンらしさをしっかりと持ってる。
大人しい子だけど、海や川を見れば教えなくても自然と泳ぐ子だし。
ボールのレトリーブの集中力もあって、一見活発な子にも見えるし。
セラピー訪問に連れて行けば、その大人しさと愛想の良い仕草と、平和な表情が誰にでもうけがいいし。
学習能力も(まだ訓練は齧った程度しか教えてないけど)十分にあるし。
チャリ運動では素晴らしい走りを見せてくれる、力強さがある。
普段の大人しい秀の姿とは別犬。

初代の子と共通してる部分が多い。

秀たんはこれといって飛びぬけた部分があるかどうかは、まだ分からないけど、
性質・性格にむらがないのは私でも分かる。
飼いやすい子という言葉がフィットする子だな~って思うもの。
なんて言えばいいんだろう、、、性格に癖がないって言う方が伝わりやすいかな。。。

忙しいと言えどみんなで一緒に密着して生活しているから、
この我が家(群れ)での秀の位置や立場が分かる様子はとても面白い。
彼女は本当にうまくやっている。

秀を生み出し、譲って下さったブリーダーさんに心から感謝しています。

迎えてから今まで、下痢どころかウンチが柔らかくて取りにくい状態のも1度もありません。
好き嫌いなく何でも美味しく食べてくれるし。
食欲があっても人の手のものまで取って食べるほどガツガツはしてないし。

ただ、うちに来る前の移動が長かったからか、
物事が分かりだした6ヶ月ころから急に、大きなトラックや煩いバイク音などに非常に怖がるようになりました。
パニック的な表情や目つきから、潜在意識にあったものが、出てきたのだと分かりました。
だから無理せずそれから少しづつ慣れさせています(現在も)
他の面を見ると、元々のビビリ屋ではないと思っているので、そのうち慣れてくれると思います。


飼う側が何を目的としているか、必要としているか、、、
犬によっては訓練性能が高いけど、家庭犬としてのほほんと暮らしたいだけの方には向いてない子もいるし、
逆に訓練目的だったら、マイペースなのんびり屋さんは向いてないし。
フリスビーやアジリティーも そう。
同じ犬種でも得意な子と、不得意な子がいる。
外見重視で「うちの子最高にキレイ!」って、ほれぼれしながら過ごせれば、それだけでいい人もいる。

飛びぬけて優れた部分を重視して求める人がいる限り、それを強調して繁殖をしてしまう方もいるんだろうな~。。。

でも本来のゴールデンって、何をしてもそつなくこなし、訓練も入りやすく、
家庭犬としても飼いやすく、優しく穏やかで平和な空気を出しているのが本来のゴールデンだと思う。
癖の強い子や気性が激しかったり、キレやすかったり、集中力が妙に欠けてたり、極度なビビリ屋だったり、、
体質や遺伝子に欠陥があると、性格も本来のものは失われ、イライラしてる子になるしね。
そういう子が日本では結構多く見られるような気がする。

これといって訓練所に預けなきゃ、手に負えない犬種ではないと思う。
(勘違いしないために、よっぽど間違った躾をしなければ、って書いてた方がいいのかな(^_^;))


大半の子が家庭犬として飼われる訳だから、迎える子の両親の性質や性格はちゃんと知った方がいいですね。

仔犬を迎える時、犬の事だけじゃなく自分の家族構成 性別や年齢、家族人数などもふまえて考えた方がいいね。
子供や両親などの家族が協力的か 自宅の状
況、大きな犬が飼える環境か。近所の方で犬嫌いはいないかとかも。

色々想定すればあとあと問題が生じなくてすむ気がする、飼う側のストレスも。

10年以上共に暮らす子だもの。
安易に決めると後悔するかも知れないから、ちゃんとその子との一生を考えて決めたい。

ただ仔犬の写真だけで決める方もおられるようだけど、今の私ならあり得ない。
絶対に止めた方がいいって教えてあげたい。
それで辛い思いをしてらっしゃる方を、この目で見てきたから。

私は運がいい。
幸も素晴らしいと思える犬だし(線は細いけど)、健康上全く問題もないし。
去年も、健康診断と遺伝子疾患の検査以外で病院に行ったのは、
飛節部分に何かに噛まれたような小さな物を診てもらっただけ。
お腹も丈夫。

タカは私の健康管理や飼育がいいからだって言ってくれるけど、
でもやっぱり、それでも弱い子はいるし、なる子はなると思うから。

幸を選んだ運の良さ、それに良ちんにも感謝。
もちろんそれはブリーダーさんがいたからこそです。
感謝しています。

タイトルが「手入れ」なのに、内容がえらい外れちゃった(^_^;)<まただ。

最近、タカに言われた。
私は真剣すぎてブログ内容がマニアになって来てるって。
分かる人はそーそーいないと思うよって。

それって、よーは 読んでくれる人には面白くないって事だよね?

あちゃーーー(^_^;)
私って 意外と真面目なんかも? 知らんかった~’笑、、、

でもいいの、自分のブログなんだもん。
思うことを綴って、自分の昔を振り返りながら「あまいな!」とか
「この頃の意見とは、今はちーと違うな」とか言いながら、自分の成長に繋げてるんだもん(笑)
人様の悪口や否定的な内容は読んでると気分が良くないけど、
私のような小さな人間が自分の事を話すなんて、たいした事ないしね~(*^。^*)
                         
                                  
        

誰?

category - 携帯から
2012/ 02/ 04
                 



うちの子なら手先だけでも、鼻先だけでも、耳先だけでも、尻尾先だけでも、ん~や 爪だけでも誰だか分かる自信がある(o^∀^o)


誰もそんな事に興味はないです。

すんません(笑)
                         
                                  
        

ヒート終了。

category - 携帯から
2012/ 02/ 06
                 





4日の夜に秀たんのヒートが完全に終わり、2日が経った今日。
以前の幸が帰って来て、母さんウホウホのベタベタです。

もぉね~ 可愛くてしょうがないの!
以前の幸たんって、こんなに甘えん坊だったっけ?ってくらい甘えて来るの。

可愛いの通り越して、思わず顔を食べてます(笑)

前の幸たんに戻ったから、オビの練習も始めよっと!
明日は雨、止まないかな~、、、
                         
                                  
        

秀の体重と動画

category - 携帯から
2012/ 02/ 06
                 

はじめてのヒートも終わり、一段とお姉さんっぽくなった気がする秀たん。



骨格もしっかりしていて、筋肉もモリモリに成長中です。
生後8ヶ月を迎えてからフードを少し減らした。
そして先月28日 生後9ヶ月を迎えた日は ちょうどヒートで排卵日だった。

気になる体重はというと、26kgでした。
生後8ヶ月時と同じでした。

よしよし、、、減ってなきゃヨシです。
女の子と男の子ではフードの量も違えば、ガッツリあげて、減らして行く時期も違うようにしています。

特に幸の場合は消費が早い体質だったから、ガッツリ食べさせる時期は長かった。
しかも未だに活動犬用の高カロリーフードです(関節サポートとしてグルコサミンが入ってるやつ)





「舐めるなら お舐めっ」ってな秀たん。
まるでお嬢様。

優コリンがいてくれて本当に良かった。
幸たんだけだったら秀は我慢が嫌いな子になっていたかも、、、
だって、幸ったら めちゃめちゃ甘やかすんだもん、、、

見ていて秀たんの「奴隷かっ」って思う時がある(笑)

基本、男の子は女の子に優しいから、気の毒に思う時がある。
でも幸は男の子に対しては強気です。
(特にゴールデン、玉ありに、そして優や秀がいると守ろうとする使命を感じるみたいで余計に)
売られた喧嘩はかっちゃう傾向がある。

こんなに優しくてもね。

だから訓練を入れていて本当に良かったと思う。
力ありありの若い男の子でも コマンドがきくと楽ちんで~す。