FC2ブログ
   

2011年06月16日

              
        

幸 2歳3ヵ月 体重 フード

category - 携帯から
2011/ 06/ 16
                 


13日に2歳3ヵ月を迎えた幸たん。

忘れないように毎月13日にヒィラリア薬を飲ませるようにしてる。


筋肉系の男を目指してアーテミスのパワーフォーミュラを食べさせること1年が過ぎた。


よく動くからか太らない体質なもんで「食べられるならどんどん食べれ~!」って育ててきた。

食べろ食べろときたもんだからか、食べる事には執着がなく、お口がきれい。

頑張って食べさせてきたけど体重はにゃんと!29.6kg(食後)と、スポーツドック系のスリムな体。

アーテミスのパワーフォーミュラは、高タンパク質でグルコサミンやコンドロイチンも配合されている。

そのお陰かどうかは分からないけど、あれだけ飛び回って育ってきたのに足を痛めた事がない。

ムチャクチャな兄妹遊びしてたら、何度か関節をくじいてもおかしくないのに…
筋肉でカバーできてたんだろうね。


1歳過ぎまでパピーフードで、その後アダルトフードに切り替えたら体重が落ちてしまったから、すぐにパワーフォーミュラに変更したんだよな~。

あれから1年経つなんて早すぎ~!


でもその甲斐あってか線の細かった体が随分と逞しくなった。

パワーフォーミュラって元々警察犬用に開発されたフードらしく、高レベルのタンパク質が筋肉増強と持久力を促進するらしい。

カロリーを必要とする働く子や運動量の多い子、交配する子やお産する子、術後などで栄養を必要とする子などに向いてるフードらしい。

1年続けてみて実感ができる体ができた感じ。
はっきりとした違いが外観からでも分かるようになるまで、最低半年は続けてみないと分からないもんだね。

毛量も少し増えたけど、もっと増えても体全体のボリュームが欲しいな。

だからまだしばらくは続けてみよう。

ちなみに優コリンはアーテミスに変えて7年目。



2歳までの食事内容と運動って、将来を左右する基盤作りといってもいいほど重要な期間。

人間に例えると20歳前、体が出来上がる時期として共通するもんがある気がする。
だからそれまでに培ってきた免疫力や自然治癒力は、その後に影響するんだろうな~って思う。

犬の成長は早いからね。

3歳がピークでその後緩やかな老化が始まり、5歳になる頃には白髪など外観でも分かるほどの老化現象が現れてて、7歳でシニアだもんな~…
ほんと犬の一生なんてあっとの間だ。

よっぽど元から強いものを持って生まれてきた子じゃないと、2歳までに過激なダイエットをさせたり、低カロリーフードを与え続けてたり、野菜が多い食事内容だったり、間違ってもシニアフードなんて与えて育てた子は、何らかのかたちで体に出てくる子が多い気がする。

体が必要とする時期に必要な栄養素やタンパク質、カルシウムなどがとれてないと疲れやすい体になるし病気になりやすいのは人と似てるよね。

免疫が低いとカイカイになったり、アレルギーになる確率も上がる気がするし。

たまには手作り食も作ってあげたいと思うんだけど、フルで仕事してるとなかなかじゃなくて、また同じもんでごめんね~ってな毎日。

でもここまで成長してくれたら、母さんの役目が達成できたって一区切りです。

これからは気が楽になるのかな。。。
少々ご飯残しても「まだ残っとるよ~ちゃんと食べて~!」なんてピーチクピーチク言わなくてすむから。

「しっかり食べさせなきゃ」って気持ちから解放される感じは、やっぱり一区切りって事でほっとするな。

皮膚トラブルもなく元気モリモリの病気知らずの幸たん、優コリンと比べて手入れも簡単で助かるわ~♪

梅たんもこの1年ワクチンと狂犬病の注射以外に病院に行った事がないくらい元気で~す♪

お里にも感謝です。